ダンスは心と体のハーモニー

埼玉県朝霞市で活動するバレエスタジオルミエール・主宰者 米田ひろみのブログです。

いろいろな学び

DLSオフ会 《バーサタイルなダンサーへ》

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

松の内過ぎましたが、
2016年初めのブログなので、
あけましておめでとうございます。

年賀状2016

***

お正月はのんびりと家族と過ごし、
リフレッシュと充電をしてました

2016年初の活動は
Dancer's Life Support.comのオフ会からスタートしました。


オフ会のテーマは
「バーサタイルなダンサーへ」。

「バーサタイルって何???」


と、Google先生に訊いたところ、

「多様性」とお返事。


ふむふむ。
それは、これからのダンスを考えると確かに重要。

私もスタジオでの指導の方針に
クラシックだけではなく、
コンテンポラリー、キャラクターが踊れるように
指導や舞台作品を組んでいます。

大いに共感です




オフ会では、ヒップホップのダンサー Sayuriさん、
ミュージカルでご活躍の乾さんをスピーカーとして、
トークが行われました。

お二人に共通しているのは、
与えられた環境への適応力。

めげない。へこたれない。


こう言うと、
頑固者ってイメージがあるでしょう?

でも、
お二人ともとてもおおらかで、
人のアドバイスを聞く耳を持っている。

とてもしなやかな感性をお持ちなのです。


そして、
最後に主催者の佐藤愛さんが
バーサタイルなダンサーについての定義をまとめてプレゼン。

これが、まぁ、驚き。
当スタジオの方針や方向性とほぼ一致していたから。
考えの一致があると嬉しくなりますね♪

つまり私は
バーサタイルなダンサー育成」を
してきたのだと自覚しました(笑)


終了後は少し愛さんとお話できる機会がありました。

2016-01-13-15-21-57


バレエ・ダンスの世界の技術の進歩についていくには、
その技術を追い求めるだけではなく、
それを可能にできる
キャパシティのある身体を作らなくてはなりません。

そして、
求められる表現に反応できる心の自由さも。


常に進歩していくので、
まだまだ学ぶことは一杯あるなぁ…と思いつつ、
2016年一つ目の学びはとても有意義でした。

さぁ、今年もがんばりましょ!!

2016-01-10-10-45-33
最後に愛さんとのツーショット。


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。
ただいま生徒大募集中です(^o^)
お問い合わせはこちらよりどうぞ >>>


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成

フォロー歓迎です。
フレンドリクエストの際はメッセージへ一言、
「ブログを見ました」とお知らせいただけると嬉しいです(´∀`*)ノ

アレクサンダーテクニークと私

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。
指導者目線、親目線、セラピスト目線でのお話をお届けしています。

今日は私の学びの備忘録です。
とってもマニアックな話題です。

* * *

もう10年以上前から
アレクサンダーテクニークのレッスンを
月1ペースで受けています。

指導者は松本乃里子先生。
本場英国でアレクサンダーテクニークの
指導者教育をしっかりと受けた方。

私とアレクサンダーテクニークの出会いは25年前の書籍。
たまたま本屋で出会った書籍を読み、
ダンサー育てに有効に違いないとずっと感じていました。
そして、いつかはそのレッスンを受けたいと思っていました。

乃里子先生に出会ったことで
その望みは実現し、
アレクサンダーテクニークが
ダンサーの動きを良いコンディションに導くことを確信しました。

今から思えば、
天の計らいだったように感じています。

ここ数年では、インターネット上において、
アレクサンダーテクニークをダンスに取り入れる
ムーブメントを散見するようになりましたが、
10年前では珍しいことだったように思います。

当時の私はヤン・ヌイッツ先生の提唱する
解剖学的アプローチに巡り会い、
怪我を最小限に防ぎ、できるだけ回り道をせず、
バレエの身体の使い方を習得する方法を学びながら、
指導に実践することを行っていました。

その方法論とアレクサンダーテクニークは
アラインしていると直感で感じたのです。

image

この十数年。
乃里子先生からは
多くのインスピレーションを与えていただきました。

柔らかな首、柔らかな背骨。
柔らかな関節。柔らかな身体。
頭から動くこと、そのあとに身体がついていく。
機能的に動けるようになれば、
必要以上に力まなくて済むこと。
腕は鎖骨から、そして、肩甲骨から。
立ち方、座り方・・・エトセトラ、ETC…


先日のレッスンでは、
頭の位置を一番理想的な配置に持って行くことができました。
(先生が撮影。)

2015-06-21-17-13-32

これね、一見どうってことないんですけど、
なかなか難しいのです。
脊椎を一切力ませず、頭蓋骨の位置を維持しています。
とても集中力を使っています。

私の今の生活はデスクワークが増えてきたから
余計に難しくなるんですけどね(^_^;)


これからもコツコツとレッスンを続けて、
自分自身のために、後続の生徒のために
ノウハウを伝えていきたいと思います。



乃里子先生とのレッスンの後は、
心と身体が喜ぶランチタイムでした。
これでまたレッスン指導に
精が出るというものです❀.(*´▽`*)❀.

2015-09-25-14-44-40

乃里子先生、
これからもよろしくお願いします!!

アレクサンダーテクニーク教師
松本乃里子先生のホームページはこちら>>>


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。
ただいま生徒大募集中です(^o^)
お問い合わせはこちらよりどうぞ >>>


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成

フォロー歓迎です。
フレンドリクエストの際はメッセージへ一言、
「ブログを見ました」とお知らせいただけると嬉しいです(´∀`*)ノ

JADMS(日本ダンス医科学研究会)講演会

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。
指導者目線、親目線、セラピスト目線でのお話をお届けしています。

* * *

8月31日にはJADMS(日本ダンス医科学研究会)の講演会へ
足を伸ばしました。

11953403_872300012846915_696081469089700412_o

講演はオーストラリアンバレエスクール教師で
元オーストラリアバレエ団プリンシパルの
JANET KARIN女史による
ミラー ニューロンについてのお話。

imageJADMSの写真より。

怪我後のリハビリや、
側湾症の左右差を改善させるために有益なアプローチです。

これを我がスタジオで活用するには…と
頭の中でグルグルと思案中。

2015-09-01-00-42-12
参考にいただいた書類

その後の懇親会では、カリン先生から
「バレエに真剣な生徒がいたら、スクールのほうへ…」と
ありがたいお言葉をいただきました。
教え子の行き先候補がまた一つ増えましたよ!

大変実りある一日。

このような学びの場を設けてくださった
JADMSの関係者の皆様に心からの感謝を!!


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。
ただいま生徒大募集中です(^o^)
お問い合わせはこちらよりどうぞ >>>


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成

フォロー歓迎です。
フレンドリクエストの際はメッセージへ一言、
「ブログを見ました」とお知らせいただけると嬉しいです(´∀`*)ノ

ブルノンヴィル バレエ セミナー 2015

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

今日は学びの記録です。

8月6日〜11日に芸能花伝舎で行われた
ブルノンヴィル バレエ セミナーの備忘録です。

2015-08-11-10-37-21

15081401

デンマークロイヤルバレエで活動され、
ブルノンヴィル作品を継承する先生方を招聘し
毎年行っているセミナーで、これで第5回目です。
(2014年はお休みでした。)

第5回目の課題は、
レッスン=金曜日のクラス。
作品=コンセルヴァトワール でした。

ルミエールからは、一時帰国中の橘宏輝が受講。
彼は第1回目からほぼ毎年受講しています。

この画像は2013年のときの「ナポリ」より。
image

私(著者)は連日の参加はできず、
飛び飛びで見学させていただきました。


セミナーでは、
1〜5日目はバーレッスン、
ブルノンヴィルスタイルのセンターレッスン、
レパートリー、マイム、レクチャーで構成されています。

ブルノンヴィル スタイルは特徴がハッキリしています。
腕の動き(ポール・ド・ブラ)。
細かなフットワーク、軽やかなステップ。
音の取り方(アクセントが下にある)。

ブルノンヴィル スタイルの動画は
インターネットを探せば見つかりますが、
やはり、リアルタイムで本物に触れてもらいたいですね。
三次元でないとわからないことが沢山あるからなのです。


6日目の最終日には学んだことをプレゼンテーション。

image


さて、
全員での記念写真。
全日参加の受講生にはディプロマが授与されます。

2015-08-11-11-41-27


その後、先生方と懇親会!
お互いをねぎらう一時です。

image


ブルノンビルスタイルは、
バレエを学ぶ人には
本物を一度は経験してもらいたいと思います。

来年も開催予定だと主催者の談。
興味のある方はぜひ受講されてくださいね。



* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。
ただいま生徒大募集中です(^o^)
お問い合わせはこちらよりどうぞ >>>


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成

フォロー歓迎です。
フレンドリクエストの際はメッセージへ一言、
「ブログを見ました」とお知らせいただけると嬉しいです(´∀`*)ノ

言響講師塾 発表会

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。
指導者目線、親目線、セラピスト目線でのお話をお届けしています。

今日は米田ひろみの活動報告です。

* * *

6月10日は 言響講師塾の発表会でした。
約半年かけて
自分の大事にしていること、
生き様を通して15分のセミナーに仕立て発表する。
そんな課題に取り組んできました。

こちらが修了証♪
2015-06-11-10-52-44

先生からいただいた愛称は、
「親・子・バレエに 誠実でまっすぐな講師」

大変光栄です.•*¨*•.,,♬
この名に恥じないよう、今後も研鑽を続けます。


今回の発表で、私がテーマにしたことは、
将来プロダンサーを夢見る親御さんに向けてのお話。

親子のコミュニケーションがうまく取れると
物事はうまく流れて運ばれる♪

簡単なフットマッサージも
コミュニケーションを円滑にするために
とても役立つということでご紹介しました。


ご指導いただいた宮北先生とのツーショット。
2015-06-11-00-17-07

この半年間は原稿起こしから始まり、
導入部、本題、締めくくりへと、何度も推敲。
それらと同時進行で
発声、発音、滑舌などなどのトレーニング。
あとは、
自宅で原稿の暗唱・・・・と
大変濃厚な内容でした。

最後の一週間は暗記のために必死でしたし、
今だから言うけれど、
本番逃げようかと思ったくらいでした(爆)。


プレゼン直前は心臓バクバクものだったのですが、
本番は、思っていた以上にうまくいって、
なんか降りてきたのかも…と(笑)

あ、もちろん、パーフェクトにはできなかったですよ。
後日ビデオチェックがあるので、
その時には、今後に向けての改善点が見えるでしょう^^


こちらの写真は同期メンバー。
素晴らしい方々ばかりでした。
ご一緒できたこと誇りに思います!

2015-06-11-12-15-54

そして、
最後に宮北先生に心からの感謝を送ります。




* * *

【お教室主宰の先生がたへ】
今回仕上げた原稿は、
親御さんに向けてのアドバイスですが、
お教室の先生にも、スタジオ活性化にも
お役に立てる内容に仕上がっております。

お話のご依頼お受けしますので、お声かけお待ちしております(^o^)
スタジオの先生、生徒さん、親御さんのために
心こめてお話させていただきます。

お問い合わせはこちらからどうぞ!>>>

* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。
ただいま生徒大募集中です(^o^)
お問い合わせはこちらよりどうぞ >>>



バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。

DLS 教師の為のバレエ解剖学セミナー

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

今日の記事はGWの学びの記録です。

* * *

ドイツから帰国したのは5月3日早朝。
そのまま、午後からはDancers Life Support .comの
教師の為のバレエ解剖学セミナーを受講してきました。

セミナーは3〜5日の3日間。
バレエ指導者にとって必要な解剖学を学びます。

Dancers Life Support .comの佐藤愛さんとは、
Facebookで出会いました。
1年前のGWでは、
我がスタジオの生徒のための講習会でお越しいただきました。
そちらの記事はこちら >>>

それから、あれよあれよという間に
Dancers Life Support .comはダンサー達に広まりました。
時代が待っていたとしか、言いようがありません(^o^)


私自身は10年以上前からバレエ解剖学を学んできました。
その学びの場であったセミナーは外国人講師で通訳つき。
一度のセミナーで入ってくる情報は
どうしても限られてしまいます。
そうした意味でも、日本語で学べるメリットは大きいと思いました。

また、愛さんは明瞭に情報をカテゴライズし、
伝える力をお持ちです。
それもあって、
非常にわかりやすいセミナーとなっておりました。
そこがとても素晴らしい!!

私が過去に学んできたバレエ解剖学と
若干の異なる考え方をしているところはあるものの、
総合的には納得のいく内容で、うーんと唸りました(^o^)

こうした分野は
実践すれば、実践するほど、疑問が出てくるのが実情。
学び続けなくては、研究し続けなくてはならないこと。

バレエは、とてもとても広く深い世界なので、
きっと全体を知ることは、一人分の人生の時間では
到達しきれないのだろうと感じています。
だからこそ、学び続ける必要があるんですよね(^o^)

今回の受講から、
今の自分にとって、自分の生徒たちにとって、
必要なことが見えてきています。
それは本当にありがたいことでした!

セミナーの副読本。
英語での解剖学の本。
image

右から私、愛さん、仲良しの高瀬育子先生。
image

愛さん、ありがとうございました。
また、次回の講習会を楽しみにしています!!!


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
ただいま生徒大募集中です(^o^)
お問い合わせはこちらよりどうぞ >>>
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。




AODT ジョイントセミナー2015

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

今日の話題は学びの記録です。

* * *

4月3日〜5日は、新宿の芸能花伝舎でおこなわれた
AODTダンス教師&治療師ジョイントセミナー2015 を受講しました。

aodt

ヤン・ヌイッツ先生のクラシック指導、
フランシス・ウエイツ先生のバレエ解剖学とエクササイズ、
そして、治療家を交えての質疑応答。
生徒達のレッスン見学。
以上の内容が盛り込まれた密度の高いセミナーです。

私は指導者クラスを受講しました。
ほぼ毎回受講しているのですが、
その理由は、ヤン先生のマニュピレーションを少しでも学びたいから。
マニュピレーションとは、日本語にすると「手技」。

ヤン先生が直すと、
生徒の身体はマジックにかかったように
ラインが一気に変わります。
その時に、どこを、どのように、
どんな力加減で、どの方向へ力を加えて筋肉を触っているか…。
その技を少しでも確実にしたくて、毎回受講しています。
今回も、先生が直していらっしゃるところを
目を皿のようにして、皮膚の感覚もマックスにして
キャッチしてきました(^o^)

フランシス先生の解剖学は、
「こういう使い方をしてると、
 こういうトラブルが起きてくるよ。」
ということをレクチャー。
(具体的には…私の文章力が足りないので、ごめんなさい。)

毎回聞いていても、切り口が変わるため、
常に新しい学びがあります。
そして、スタジオで指導している生徒で
なかなか良い身体の使い方ができない理由に
気づかされることが多いです。
本当に奥深い世界です。


生徒対象のレッスンは、
クラシックレッスン、解剖学とエクササイズ。
ルミエールからは中級クラスに3名の生徒が受講しました。
(小学6年生と中学1年生)

レッスンはシンプルでありながらも、
ターンアウト、膝の伸び、爪先の伸びに
一切の妥協の無い指導に
生徒達は必死でついていきました。
その大切さを意識にたたき込む上でも貴重な経験です。


バレエは身体の使い方、
基礎的な技術から始まるステップの数々。
回転に跳躍。音楽性。空間の使い方。
沢山の要素が詰まっていて、
どれもとても大切。

それだからこそ、
肝になる部分をできるだけ早い段階で
身につけてもらいたいですね。


ちょっと堅苦しくなりましたが、
セミナー備忘録でした(^o^)


こちらはセミナー参加証明書。
こういうものをいただくと、なんだか嬉しいですね(❛ᴗ❛人)✧

AODT

最後までお読みくださり、ありがとうございました(^o^)


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。
ただいま生徒大募集中です(^o^)
お問い合わせはこちらよりどうぞ >>>



バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。

2014年 年末の備忘録

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

12月15日にステージのご報告記事をあげてから
全く更新できずに2015年もあけ半月が過ぎました。
活動報告的に記録だけ残しておこうと思います。

12月23日〜26日に生徒がコンクール出場。

2014-12-25-21-27-41


スタジオの忘年会。
プレゼンテーション、ゲーム、会食を。
卒業生もやってきてワイワイと楽しい時間でした。

2015-01-18-10-55-41


海外に出ている生徒達は
年末のステージ活動にいそしんでいたようです。
画像はイギリスに留学している生徒。
くるみ割り人形の芦笛より。

21



一部の生徒たちは、12月22日〜26日に行われた
トム・ボスマ先生&ドミニク・ジュヌボワ先生の講習会で
キャラクターダンス(民族舞踊)とクラシックを
しっかり学んできました。(画像無し)

私はアトリエヨシノバレエセミナーの指導者クラスで、
ヤン・ヌイッツ先生のクラシック、
島崎徹先生のコンテンポラリーレッスンで
研鑽を積んできました。

2015-01-18-11-12-27


まぁ、このようにイベント、研修が相次いでいたので、
ブログ更新が追いつかなかったわけです。

2015年も子供達がキラキラ輝いて踊るよう、
お手伝いをしていきたいと思います。


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。



自分を慈しむこと 〜アロマヒーリング〜

街はクリスマスでキラキラ輝いてますね。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。
ブログへのご訪問ありがとうございます。

2014-12-08-16-56-34

*〜*〜*

今日の記事はどちらかというと、
生き方のお話になるかと思います。
バレエにはダイレクトには関係の無い話題です(笑)


今から思えば、2014年には、まぁ、いろいろありました。
2月と5月に人生初のギックリ腰(涙)。
10月には講演と生徒達のステージ出演と
慌ただしい日々がずっと続いておりました。

定番でマッサージを受けたり、
エクササイズはしてはいるものの、
なんだか充電が足りていないなぁ…。
そんな風に感じる今日この頃でした。

そんなある時、
セミナーなどでご一緒しているセラピスト天星水月さんが
新しいヒーリングセッションをされるというのを知り、
一ヶ月前に予約をし、自分に与える一日になりました。

今回のセッションはアロマリーディングとエネルギーワーク。
5本のアロマをこの沢山のボトルの中から
インスピレーションで選びます。

沢山のボトル

私が選んだのは、
ベルガモット、パイン、ウインターグリーン、クラリセージ。
そして、5本目はセラピストさんが選んだジャスミン。

この5本からリーディングをしていただいたところ、
こんな結果をいただきました。

 フェミニンリーダーシップをお持ちの方。
 新しいフェーズへの移行期です。
 鍵となるオイルはWinter Green!
 正に今の季節が名に付くオイル。
 『恐れや執着を浄化、思考を鎮静化して直感を信じましょう!』

これがウインターグリーン。
クスリっぽい香りで、
あの「サロン○ス」に入っている成分だそうな(笑)

アロマ

リーディングのあとは選んだアロマを使って
エネルギーワークの施術を受けました。
施術の後は頭も目もスッキリとしたクリア感が〜♪


自分の仕事のフィールドや立場や今後やっていきたいこと。
いろんなものが転換期を迎えているようです。
これまで培ったものも活かしつつ、
新しいことに躊躇無く、無理も無く移行していけるように
グランディングができたように感じています。

*〜*〜*

自分自身を慈しむことは、他人を慈しむチカラに繋がる。
だからこそ、人に与える仕事をしている人は、
まずは自分自身を大切にしていかなくては。
いつもそのように思っています。

セラピストの天星水月さんに心から感謝を♪
こちらは天星水月さんのホームページです。>>


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。

キャラクター講習会 見学記


28日は実はてんこ盛りの一日でした。
バー・アスティエの講習会終了後は大急ぎで横浜へ足を伸ばしました。

これまで年末はトム・ボスマ先生のキャラクターダンス講習会へ参加してきたのですが、
所用が重なり今回は断念。
でも…でも…せめて1日だけでも見学をと思い、最終日にかけつけました。

今回見学したのは、ドミニック・ジェヌヴォア先生のクラシッククラス上級レベルと
同じ上級のトム・ボスマ先生によるキャラクターレッスンでした。

このセミナーは最終日ということもあってか、
クラシッククラスは初めからポアントを履いてバーレッスンが始まりました。
ドミニク先生の見本の動きがとってもエレガント。
思わず見とれてしまいました(笑)
引き上げと足腰の強靱さがある程度できてないとキビシイ内容のレッスン。
受講生は必死にレッスンを受けておりました。
みんな、頑張れ!!!!

いつも思うのですが、ヨーロッパのバレエはエレガント。
ちょっとした仕草、エポルマン、音楽の取り方、
そうしたものがなんだかおしゃれで粋なんです。
そのエッセンスを少しでも吸収したーーい、と心の中で叫んでいる私です。

そして、キャラクタークラス。
講習会も5日目の最終日となると、
これまで習ったステップの総まとめに入っていました。
私はかれこれ6年は毎年見てきているのですが、
今回初めて見る踊りもあって、トム先生のポケットの大きさを改めて実感。
一緒に踊り出したくなるほど楽しい見学のひとときでした。

受講生はやっぱり若くて元気!!
(あたりまえなのですが w)
ややこしくて難解なステップもサラリと覚えてしまうのです。
あー、若いって本当にすばらしい。

とても質の高いセミナーなので、
受講した生徒達は本当に幸せものだと思いました。




月別アーカイブ
  • ライブドアブログ