ダンスは心と体のハーモニー

埼玉県朝霞市で活動するバレエスタジオルミエール・主宰者 米田ひろみのブログです。

生徒のために

セミナーレポート「幸せなダンサーを育てるために 〜バレエ留学のみちしるべ〜」

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。
指導者目線、親目線、セラピスト目線でのお話をお届けしています。

***

今日はセミナーのレポートをお知らせします。

『幸せなダンサーになるために
 〜バレエ留学のみちしるべ〜』

と題したセミナー。

海外のバレエ学校やバレエ団の生活を
ご紹介しながら、

将来を夢見る若者が
本当に夢を叶えるために
具体的にどんなスキルが必要なのか?

とか

留学のメリット、デメリット

とか

バレエの力量以外の部分で
身につけておきたいことは何か?

ということをお伝えし、

受講生が今の自分のことを

「自分で考えて」
「書きとめて」
「話をしてみる」

体験型のセミナーです。

そうした経験から
自分の現在地を知ることが出来るのです。

私が20代の終わりから、
指導者として、親として、人として、
学んできたこと、経験したことを
詰め込んで創り出しました。

image


その記念すべき第1回目は
小川バレエアカデミー福岡の小川先生からのご依頼です。
なんと、福岡です!!!

2016-09-26-15-28-49

初めての福岡♪
ええ、ワタクシ飛行機で飛んでいきました。


では、講座の様子をご覧ください。
指導者、保護者、生徒の
3つの立場の方々が参加されました。

2016-09-25-14-48-43

これはグループワークです。
皆さん、和やかながらも
真剣にテーマについて話しています。


バレエの実技の講習会はたくさんあるけれど、
今回のような形は、
多分業界初だと思います。


バレエ留学は何のためにあるのか、
 生徒には「自分にとって」
 保護者にとっては「我が子にとって」
 指導者にとっては「教え子にとって」
考える貴重な時間となりました。

他にもコンテンツはたくさんありますが、
ここではご紹介しきれません。
ごめんなさい


終わったあとにいただいたご感想です。

image


●セミナーを受講したご感想

「いろいろと具体的なことが、
かなり実感を持って理解できました。」
(Y.Yさま 保護者)

「バレエ学校やバレエ団の詳しいことを
 知ることができてとても良かったです。」
(S.Yさま 13歳)

「今後の人生選択の良い判断材料になりました」
(R.Tさま 高校生)

「今まで留学したいけれど、
 知らなくて困ってたりすることもあったので
 知れてよかったし、
 もっとダンサーになりたいと思えました」
(M.Sさま 高校生)

「留学をした側(生徒側)の意見がきけて大変参考になりました」
(M.Kさま 指導者)

「とてもわかりやすく具体的なイメージをいただけるセミナーでした」
(Y.Yさま 保護者)

「迷ったり悩んだりしていることへの
 力を貸してもらえる素敵なセミナーです」
(R.Tさま 高校生)

「一度受けてみてください!
 ステキな時間、適切なアドバイスがいただけます。」
(R.Aさま 指導者)

「留学とその先を知っておくことは
 すごく重要なのでぜひ知っていただきたい」
(J.Nさま 指導者)


将来をダンサーに定めた若者にとって、
そんなお子さんを持つ保護者にとって、
そんな教え子を持つ指導者にとって、
有意義な時間と感じてくださったことは、
私にとっても至福の時間となりました。

皆さまとのご縁をいただいたことに感謝しています。
ぜひ、夢を実現させてくださいね。
今後も応援しています。


そして、最後に今回のセミナーを主催してくださった
小川ともこ先生に心から感謝を申し上げます。

2016-09-26-01-17-21



こうしたセミナーに興味をお持ちの方は
お気軽にご連絡くださいませ。


食いしん坊の私はやっぱり郷土名物を
しっかりいただいてきました(●´ω`●)

2016-09-26-17-52-59


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。
ただいま生徒大募集中です(^o^)
お問い合わせはこちらよりどうぞ >>>


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成

フォロー歓迎です。
フレンドリクエストの際はメッセージへ一言、
「ブログを見ました」とお知らせいただけると嬉しいです(´∀`*)ノ

爪の弱い生徒には 続編

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。
指導者目線、親目線、セラピスト目線でのお話をお届けしています。

紫陽花の美しい季節になりましたね。

image

**

さて、今日はバレエ&ウェルネスの話題です。
先日の爪の弱い生徒に対してのアドバイスを掲載したら、
思った以上に反響をいただき、
爪の痛みに耐えながら踊っている人が多いことに驚きました。
特に、巻き爪は本当に辛いことだと思います。

私の生徒には、いろいろ調べた上で、
下記のようなお役立ちグッズもご案内していますので、
皆様にもお裾分けさせていただきますね♪


まず、1つ目は「巻き爪ガードクッション」

これは、爪の角に滅菌された糸を挟み込ませ、
爪が巻き込んでこないようにするものです。
時間は少々かかりますが、
これで巻き爪の痛みから解放された生徒が何人もいます。


2つ目は「巻き爪リフトシール」


こちらは薄い金属板をシールで爪に貼り付け、
巻いていく爪を広げるようにするものです。

こちらは、ちょっと無責任で恐縮なのですが、
生徒に勧めたものの、実践してみた子がいません。
前述の「巻き爪ガードクッション」で解決した子が多いからですが。

いろいろ試してみたい方には朗報かと思います。

爪の痛みで悩んでいる方々が
少しでも痛みが楽になりますように。



* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。
ただいま生徒大募集中です(^o^)
お問い合わせはこちらよりどうぞ >>>



バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成

レベルアップレッスン 6月

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。
指導者目線、親目線、セラピスト目線でのお話をお届けしています。

* * *

毎月恒例のレベルアップレッスン。
講師は小笠原一真先生。
最近はオープンクラスでのご指導などにご活躍です。

生徒への伝え方がわかりやすく、
レッスンの都度、
生徒がだんだんと成長していくのを感じています

2015-06-14-15-02-41

今回は背中の使い方への注意点が多いレッスンでした。
バレエの指導はフィーリングワードが多く、
背中の感覚というのは、その要素が強いように感じます。

2015-06-14-15-01-50

生徒側が指導されていることを
どれだけキャッチアップできるか…。
そこが大切になってきますね。

もちろん、
私の方では、エクササイズなどを指導し、
その背中の感覚を実感できるように、
補う指導もしていきます(^o^)

2015-06-14-15-01-07

高校生はアダージオのレッスンも。
Kちゃんはアダージオを始めて3年目に入りましたね。
初めはたどたどしかった動きも
だんだん滑らかになってきています♪

image


7,8月は小笠原先生の繁忙期で
レベルアップレッスンはお休み。
9月よりまた再スタートです。

その間に、できてなかったことを
クリアするようレッスンがんばりましょう(^o^)


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。
ただいま生徒大募集中です(^o^)
お問い合わせはこちらよりどうぞ >>>



バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成


爪の弱い生徒には・・・・

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。
指導者目線、親目線、セラピスト目線でのお話をお届けしています。

* * *

トウシューズ

先日、生徒のトウシューズを脱いだあとの足をチェックしました。
どんなに指導で様々な注意喚起をしていても、
知らないうちに足指が変形したり、
爪のトラブルになっているときがあるので、
時折チェックし、アドバイスをしています。

遺伝的に薄い爪の持ち主は、
薄いがために、
爪が体重を支えきれないで、歪んでしまうことがあります。

そんな子は二枚爪や巻き爪になりやすいですし、
爪も丸まってきていることがあります。

トウシューズ以前にはちゃんと爪があったのに、
だんだん小さく削れてきて、
薬指や小指など小さな指の爪が
無くなってしまう生徒もいます(涙)


もちろん、
バレエでの爪先の使い方にも原因があるので、
これは、バレエの先生に責任のあるところ。
(がんばれ、私!)

他には、おうちで気をつけることとして、
普段履いてる靴はちゃんと合ってるかしら?

大きすぎる靴(縦の長さも、横幅も)、履いてない?
靴が大きくてブカブカしてしまうと、
靴の中で足指が縮みこんでしまって丸まり、
爪も一緒になって丸まってしまうこともあるんですよ〜

しっかりチェックしたい方には、
シューフィッターさんに診ていただくことをお勧めします。

あとは、
おうちでできることは、食べ物のこと。
爪の弱い人、薄い人はこのサイトを参考にしてみてください。

あすけん
爪を強化する食材について
http://www.asken.jp/info/353

それでも、役不足なら、
ティッシュソルトというホメオパシー。
これは、信頼するホメオパスさんに相談して教えていただきました。
もし、試したい方はご連絡ください。
ホメオパスさんをご紹介させていただきます(^o^)


トウシューズを履く足にとって、
できるだけトラブルを避けたいですよね。
痛くては、心を解放して踊るなんてできませんものね。

今日はバレエと足の健康に関するお話でした(^o^)




* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。
ただいま生徒大募集中です(^o^)
お問い合わせはこちらよりどうぞ >>>



バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。

先輩と語ろう食事会

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

今日は、
6月3日に行われた「先輩と語ろう 食事会」の記事を。

***

カナダでの活動から一時帰国中の生徒と
現在スタジオでレッスンに励む生徒の交流の場を設けよう!

先輩から後輩へは、後ろ姿を見せることができ、
後輩から先輩へは、応援のエールを送ることができる。

そんな思いから、食事会のイベントを行いました。

imageみんなで記念撮影♪


我がスタジオはメンバーの仲が良いのですが、
やはり、中高生からは、20歳前後の先輩はうんと大人に見えるもの。
ただのたわいない話はできても、
一歩踏み込んだ質問の場は先生が作らないと難しい。

そう気づいた時から、
チャンスがあるときに、こうしたイベントを行っています。

2015-06-03-20-37-45可愛いパンケーキ!今日だけは無礼講!

2015-06-04-00-32-00先生とツーショット


また、新しいチャレンジへと
胸をはって前進する生徒の後ろ姿はとても頼もしい。
私には、ただただ、応援するしかできないですが、
ダンサーとして、人として、
実りある人生になっていって欲しい。
そう願っています。



* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。
ただいま生徒大募集中です(^o^)
お問い合わせはこちらよりどうぞ >>>



バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。

シミュレーションバレエコンペティション 2015

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

今日の記事は、
5月10日におこなわれた
シミュレーションバレエコンペティション。
生徒3名が参加したお話です。

* * *

会場は川口リリアホール。
当スタジオからは30分もかからない近いホール。

前日のリハーサルでは、
こんな様子でお互いに背中のホックを留め合うシーン。
成長したね〜、先生は嬉しいよ〜♪

2015-05-14-05-39-37

11:00に待ち合わせして、電車で移動です。
現代っ子です。スマホに音楽プレイヤーで時間つぶし(笑)

2015-05-14-05-40-21

今回の3名はコンクールへは初参加。
もう、ドキドキしています。

会場についたら、ウォームアップ、メイクなどの身支度。
(忙しすぎて画像は無し)

今回のチャレンジャー スタンバイOK!
みんな、美しく仕上がりました♪

2015-05-11-03-47-10

審査を終えた仲間をねぎらう生徒たち。
こんなシーンを見ると、涙がでちゃいます。

image


踊り終えた結果は、
な、、、なんと、ジュニア3の部門で
4位、5位をいただきました!!

思わぬ好成績に、生徒も私も大喜び!!
審査員からのコメントも温かな評価でありがたかったです。
今後のレッスンに張りが出ますね!

何よりも嬉しかったのは、
「役柄の解釈がきちんとできている」というコメント。
だって、目指すところはココなのですから!


戦い済んで日が暮れて。
また、次のチャレンジに向かいましょう。

2015-05-14-05-41-11

関わった皆々様に深く深く感謝申し上げます。
生徒のご両親には、ずっと支えてくださっていることに
心から感謝申し上げます。

そうそう、この日は母の日。
朝の移動中、
生徒達に「お母さんに何か贈り物した?」という質問に、
「今日の結果がプレゼント。」という答えが
本当になりました(^o^)

子どもたちの未来への夢へのお手伝い。
これからもベストを尽くして指導してまいります。



* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。
ただいま生徒大募集中です(^o^)
お問い合わせはこちらよりどうぞ >>>



バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。




レベルアップレッスン 2015年1月

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

***

今日はスタジオの活動報告をお届けします。

1月27日には毎月恒例のレベルアップレッスンが行われました。
新国立劇場バレエ団登録ダンサーの
小笠原一真先生の指導です。

小学校高学年〜高校生までのクラシックレッスン。
そして、中学生からはアダージオレッスン。
※アダージオ=男性と組んで女性のポーズやバランスを見せるデュエットのこと。

2015-01-30-12-55-36
先生の指導にみんな真剣です。

いつもながら大変丁寧に、
足のラインの出し方、
バランスのコツなどをご指導いただきました。

また、取り組み姿勢についても、
今の生徒達に必要なことを的確にアドバイス。

 これまで習ったことを繋げて実践すること。

そう、いろんなことを習ったとしても、
それを繋ぐのは自分自身。

点を線にして、面にして、立体にするのは、
他ならぬ自分自身なんですよね。
物事を統合する力が求められています。

ここからステップアップしていってもらいたいですね!


小笠原先生、ありがとうございました!!!


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。





『家庭でお子様に出来るバレエ障害予防のマッサージ』備忘録

ブログへのご訪問ありがとうございます。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。


1月6日は生徒親子と共に
『家庭でお子様に出来るバレエ障害予防のマッサージ』
参加してきました。
(ブログへの投稿はちょっと遅れて1月19日です。)

講師はユースアメリカグランプリというコンクールの
特別講座でご活躍の福山弘先生。
大阪でMiracle Body(ミラクルボディ)という
治療院の院長を務めておられます。

00

内容は福山先生からのブログより引用しました。

 外反母趾等の関節の変形や
 足首まわりのけが予防を含めて、
 各関節可動域のチェック方法、
 甲出しや正しい身体の使い方の解説も行います。

私もいろいろ学んできていますが、
初めて耳にすることもあり、いろいろ勉強になりました。

たとえば・・・・
足の指を動かしにくい人の場合、
足裏の筋肉にしこりがあり、そこをほぐすと
スムーズに動くようになるんです。
ほんの1本の指であっても、そうなんですよ。

動きが良くなれば、そこに良い筋肉がつきますから、
足のフォルムの美しさも機能性も高まります。
トウシューズでも立ちやすくなります。
これって嬉しいですよね〜(^o^)

生徒はお母さんと一緒に参加し、
足のマッサージをしっかり学びました。
あれから毎日お互いにマッサージしているそうです。
その成果が出てくるのが楽しみですね。

福山先生、ありがとうございました!!!


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。

連日の猛暑への対応

猛暑が連日続いております️ね。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

.•*¨*•.,,♬.•*¨*•.,,♬.•*¨*•.,,♬

稽古場の室温の高さが心配な毎日ですので、
熱中症対策としてスタジオでは
下記のように対応いたします。

●スタジオのクーラーを早めに入れる。
●稽古場にバケツ氷水を用意する。
 この水にミニタオルを浸して頭などを冷やします。
●糸東会の場合では、一階和室でのレッスンなどで対応。

つきましては、生徒、父兄の皆様には
下記のご用意を必ずお願いします。

●飲料水(500ml〜1リットル)
●汗ふき用タオル
●ミニタオル

また、稽古場への移動も帽子をかぶるなどし、
熱中症対策をしてください。

本日も大変暑いです
スタジオの皆様のコンディション優先で
レッスンしてまいりますので、どうぞよろしくお願いします️。


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。

初めてのポアント♪

このところスペシャルなスケジュールが相次いでいる
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。


5月14日は業者さんにお越しいただき、
ポアント・フィッティングを行いました。
ポアントとはトウシューズのことです。

今回は初めてのポアントを選ぶ生徒たちが
目を輝かせてやってきました。
小学6年生の子供達です。

ルミエールでは子供の発育成長を大切にしているので、
だいたいこの時期にトウシューズの許可が得られます。
ポアントを履ける状態へ育ってから履いてもらいます。
履いてからアライメントを整えるのは弊害が多いからなのです。
興味のある方のために見解についてはこちらに記載しました♪

さてさて、、、、
初めてのポアント・フィッティングは
こんな感じで進みます。

まず、座って足の形を見てもらいます。
フルポイント(爪先を伸ばす)にします。
フィッターさんは幅を含めたサイズはもちろん、
足の形、力の入りどころ、アライメントをチェック。

フィッターさんの背後にある青いコンテナは全部トウシューズ!
今回は8つのコンテナをお持ちくださいました。感謝!

2014-05-14-19-44-11


この足なら…と合いそうなシューズをセレクトして・・・・

2014-05-14-19-42-44


まっすぐに履きます。

2014-05-14-19-43-19



履いたら、パラレルでのプリエと1番ポジションでのプリエをし、
足とシューズをフィットさせ、
それから、パラレルに戻し、片足ずつポイントに立ち、両足に!!
トウシューズで初めて立った記念すべき瞬間です

2014-05-14-19-43-49


ここまで育てるのが一苦労ですが、
時間をかけただけの価値があると思います。
日々、忍耐の賜物で、
指導してきた私にとってもご褒美の瞬間でした(*^_^*)

フィッターさんはさらにチェックをします。
シューズと踵があっているか。
足幅がきちんと納まっているか。
甲のラインは綺麗に出ているか。

また、別のシューズの方が足のラインが綺麗に出そうなときは、
本人の履き心地も確認しながら、
候補のシューズをどんどん変えて試し履きします。
多いときは、5〜6足試すこともあるんですよ。
最終的には足にあっていて、綺麗に見える物に決定します。


成長期の子供は足のサイズが変化します。
それに合わせてシューズを替えていかなくてはなりません。
また、足のサイズがある程度確定した中学生以降であっても、
足の使い方が訓練によって良くなれば、
シューズのサイズ、種類を替えた方が良いケースも出ます。
とても繊細な世界です。

今回、ポアント許可の出た生徒達は一つの節目を迎えたわけですが、
ここからが正念場になりますね。
今日の感激を忘れずにレッスンへはげんでくださいね!!


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。





月別アーカイブ
  • ライブドアブログ