11月30日は六車龍也先生をお招きして恒例のバレエ解剖学講座を行います。
今回のテーマは「足」

「足」とは足首から下の部分のことをいいます。
クラシックバレエでは女性はトウシューズを履いて踊りますが、
正しく立てないで慢性的なトラブルにつながってしまうのもこの部分。
トウシューズをはき始めたけれど、
正しく立てなくて困っている人にはとてもいい講座です。

また、小さなお子さん(小学校4年生以下)の父兄さんにとっては、
靴の選び方、インソールの使い方などの知識を持つことで、
お子さんの足が健やかに育つためのサポートができるようになれます。
ちなみに子供の足がほぼ大人のミニサイズに整うのが12歳。
それまでに良い靴、インソールを選ぶことで子供の足はとても良い状態になり、
大人になってもそれを保つことができるのです。
バレエが上達するには健康の土台となる足をよく知ること。その第一歩です。
お子さんを大切に思う父兄さんにお届けしたい講座です。

そして、将来プロを目指す人。
そうした人はいかに自分のカラダをベストコンディションに持って行くかという
視点を持たなくてはなりません。
こうした講座を受けることで、将来プロになったときに
自分自身のパフォーマンスを最高にしていく知識を身につけることになるでしょう。
受講必須の講座です。


※スタジオ生徒、父兄限定講座です。


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ