チャンスというものは、
一見チャンスに見えない形でやってくることがある。

『面倒なこと』に思えたり。

『リスクが高いこと』に見えたり。

『価値が低いこと』に見えたり。

『無茶なこと』に見えたり。

それをもたらす人が
大きなチャンスだとは思わせないでサラリと言うだけだったり。



過去の生徒だった自分を振り返ると、
何気なく先生が持ってきてくださった話。
そのときは何の気もとめず、
なんとなく流れてしまった。
数年たって振り返るとそれがチャンスだったことに気づく。
その当時は先生からいただく機会の価値が見えなかった。

もちろん、
その選択(選ばないことも選択のひとつ)があったからこそ、
今の自分がいる。
だから、それを否定する気持ちはないけれど、
もしも今、
さりげなく見せかけている大きなチャンスが
目の前にある人には、しっかりつかんでもらいたいと思い、
ここに記しておきましょう。