解剖学講習会終了後は大急ぎでスタジオへ戻りました。
今日の夕方は中高生の生徒のための
アダージオレッスンがあるからです。

月1で行われているアダージオレッスン。
今回からはメンバーが少し入れ替わりました。
受験勉強に本腰を入れるSちゃんが抜け、
高校生のMちゃんが新規メンバーに。

新メンバーがいることもあり、
講師の小笠原先生はアンシェヌマンを少し簡単にしてくださいました。
元のメンバーにとってはあらためて基本を確認です。
こうしたことも大事なことです(*^_^*)

私は音出しをしながら、
生徒が注意されたことなどの
記録を取っています。



2年前アダージオを始めたばかりの生徒は
ヒョロヒョロとしていましたし、
見ていて冷や冷やすることはしょっちゅうでした。

でも今は、
継続して学んできた生徒の技術は
どんどん安定してきています。

特に驚きなのは男子のKくん。
はじめは女子の体重を支えることもできず、
一緒になってよろけていたのですが、
今ではよほどのことがなければ
支え続けることができるようになっています。

2年の間に体は大きくなり、
今は176センチの長身の少年。
体と技術が同時に成長したのですね!

もちろん舞台で踊るとなると、
まだまだの段階ではあるのですが、
それでも前進していることが嬉しく感じる一コマです。