今日1月22日はバレエ指導者の勉強グループ
A.O.D.T主催の講習会に参加してきました。

受講生はバレエ指導者。
行われたのは関東ですが、
北海道、大阪、北陸などから参加者がいらしています。
この様子からもいかに質の高い講習会であることを実感します。

講師は六車龍也先生。
日常は治療院で故障で悩めるダンサーの施術にあたりながら、
札幌芸術の森バレエセミナーなどで解剖学講座の講師として
ご活躍の先生です。

今回の講座では基本解剖学と
顎顔面、頭頸部と胸部から上肢について学びました。

基本解剖学は何度聞いても発見できることがあります。
例えとして出てくる話がその都度変わるので、
物事を多方面から知ることになるのでしょう。
やはりライブならではの良さなのですね。

「顎顔面、頭頸部と胸部から上肢」は初めての内容です。
なんとも難解に感じる言葉ですが、
簡単に言えば、胸より上の部分についてのレクチャーです。
美しいデコルテ、ポール・ド・ブラを指導する上で
役に立つ情報満載でした。

受講生は先生の話を言葉一つ聞き漏らすまいと集中!
先生はそれに応えるように予定時間を超えて
多くの情報を伝えてくださいました。


このすばらしい講習会は
ダンス指導者対象に定期的に行われています。
A.O.D.T(THE ASSOCIATION OF DANCE TEACHERS)の公式サイトで
詳細情報を公開していますので、
興味有る方は是非一度ご訪問ください。

http://aodt.p-kit.com