舞台作りの面白さと大変さ。

発表会のプランは大まかなアウトラインは決まっています。
そして、もう具体的に細かな部分(つまり振付)に
取りかかってしまっているものもあります。

一方、アウトラインは決まっているけれど、
その内容が定まっていないものもあります。

それに肉付けをしたいと思いつつ、
なかなかいいアイデアが涌いてこない><
ちょっと煮詰まっております。



アイデアやイメージの源泉って
一体どこにあるのでしょう?

ダンスの世界の偉大な先人達には
とうていおよびもしない私ではありますが、
何かを創り出すという行為においては
多分(きっと多分)同じことだと思います。

その先人の方達は
苦しんで見いだしたのでしょうか?
それとも、お気楽に?
夢にでも出てきたのかしら?

そんなことを思いました。



私には私のスタジオに集う生徒たちが
今の力量と時間・・・いろんな条件に見合った中で、
その中で一番キラキラ輝くものが作り出せたら
それでうんと幸せなのです。

そんなアイデアが涌いてくるのを
PCに向かい、キーボードを打ちつつ待っています。