『与えるものが与えられるもの。』

そんな言葉を耳にしたのは
もう15年近く前。

なんとも不思議な言葉だと思った記憶が
心の片隅に残っています。


その15年近くの長い間、
様々な経験を通して、
その言葉が真実だと思えるようになりました。


祝福は祝福に、
応援は応援に、
いたわりはいたわりに、
ねぎらいはねぎらいにと。


そして・・・・

怖いなぁ、と思ったことは、
攻撃は攻撃として、
批判は批判として、返ってくることでした。


自分が発した相手から
直接返ってくることもありますが、
そうでは無いケースもあるように思います。

そう、巡り巡って自分のところに
かえってくる・・・回覧板みたいに。


そうした経験から得た自分にとっての教訓。

何よりも大切なことは
相手を祝福することなのだと。
応援することや、いたわりや、
ねぎらいが人を豊かにするのだと。


もちろん、100%それを実践することは難しく、
日常を振り返ってみれば、
できないことの多いこと限りなく。

ただ、そうであるよう、
心がけていけば、きっとその域に向かうはず!!!

そんな風に思っています。