いよいよ今日はエデュケーショナルバレエコンペティション決戦。
朝一番に生徒と待ち合わせをし、会場へと出かけます。

平日の朝一番だと電車はめちゃくちゃ混みます。
普段そうした経験の無い子供にはちょっと厳しい一日の始まりです。

会場につくやいなや、
即、着替えて髪を結い、メイクを始めます。

なんせ、場当たり時刻は10時半。
楽屋入りから1時間半しか無いのです。
それまでにメイクもバーレッスンも
すべて終わらせてしまわなければなりません。
全て手早く正確にと意識を集中させます。

でも、指導者の私がピリピリしては
生徒がもっと緊張してしまうので、
なるべくおだやかに、普段通り振る舞うように心がけます。


メイクを終え、即座にロビーへ出かけます。
ロビーにはバーを常設してくれていますので、
出場者はそこでバーレッスンを行います。
バーを一通り行い、課題曲のおさらいも。
アッという間に場当たりの時間は目の前です。

場当たりの前にレオタードを本選用のものに着替えます。
レオタードには指定はありませんが、
本人のカラダのラインを綺麗に見せるモノを選んでいます。

児童の部はレオタード審査なので、
衣裳の着替えが無い分、
時間的に余裕がありました♪( ´∀`)

もし、衣裳があったら、
ウォーミングアップの時間を充分取れなかっただろうなぁ・・・
あー、考えただけで恐ろしいーー!!


おっとっと、閑話休題。


着替えが終わったら、即、場当たり。
そして、審査が始まります。

こうなると指導者の出番はもうありません。
うまくいくように祈るだけです。


*--*--*--*--*--*


審査が終了したら、
もう着替えて審査結果を待つだけになります。
今回の出場生徒は児童だったので、
このあと、ジュニア、シニアの出場を全て終えるまで
長ーーい時間を過ごします。

審査を観ることは勉強にはなるけれど、かなり疲れます。
腰は痛くなるし、目は疲れるし・・・(-_-)(トシノセイカナ)
一方、我が生徒は目を輝かせて舞台上の審査を見学していた様子。
なかなか頼もしいわ~(>m<)


さて。。。。
審査結果は残念ながら入選ならず~><
でも、初めて参加して決戦へと進んだわけだから、
大きな第一歩でしたね。
よくやったと思います!!
次回はより上を目指して頑張りましょうね。
お疲れ様でしたーー!!!


*--*--*--*--*--*


私自身もいろいろと反省やら
今後の展望やらに目を向ける機会となった
コンクールでした。

ここでの経験を糧に、
また一歩生徒と共に歩みたいと思います。(⌒ー⌒)ノ