朝夕涼しくなり、ずいぶん過ごしやすくなりました。
私のスタジオでは、8月に舞台が終わり、一区切り。
クラス編成が変わることになりました。

プレバレエクラス(幼児~初心者の小学1~2年生)で
1年以上学んだ生徒は次のクラスへ上がりました。
そのクラスでは、バーレッスンが始まります。
姿勢やターンアウトを少しずつ要求してゆきます。

もちろんプレバレエでも
ターンアウトの素地となることを指導していますけれど、
「絶対に身につける」ということを求めてはいません。
それよりも、体全体を使ってリズムに親しむことを中心に指導しています。

さて、進級したその子供達。
同じ動きであっても、求められることが、以前より細かくなってきています。
クラスの質が変わったことに少々とまどいを隠せません。
「あれぇ? これまでとは違うなぁ。」

そう、だって、次のステップに入ったのです。
甘えんぼは卒業しようね。^^

たった1時間のレッスンですが、子供の集中力はそんなに続かないもの。
クラスの前半は姿勢や足の動きに集中。
そこで神経を使うので、後半は意識を切り替えます。
ギャロップやスキップで体を大きく動かします。
それで発散して、楽しさを満喫!

さぁ、ガンバレ! ニューフェイス達!
バレリーナへの道をまた一歩進んだね!