ダンスは心と体のハーモニー

埼玉県朝霞市で活動するバレエスタジオルミエール・主宰者 米田ひろみのブログです。

2014年05月

ルミエールの卒業生

稽古場の気温が25度を超えるようになりました。
夏が近づいてきています。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

*〜*〜*

今日は卒業生の話題を。

CID-UNESCO ダンスコングレス2014の作品リハーサル後、
振付家のKAN-ICHI先生と打合せ兼ねて食事に行きました。

稽古場の近くのイタリアンバル。
とっても明るくて感じの良い店員さん。
私を見て、ハッとし、嬉しそうにしています。
(実はその情景に気づいたのはKAN-ICHI先生なのですが。笑)

注文した焼き牡蠣です。
image


食事をしていたら、彼女から声をかけられました。

「あのう、、、、もしかして、、、、
 ルミエールの先生ではないですか?」

「はい、そうですが・・・
 どこかでお目にかかりましたっけ?」

「私、大分前にお世話になった○○です!!」

「えええええ〜〜

もう10年ほど前に在籍した教え子でした。
まぁ、女の子は変わりますよね!
とっても素敵な女性に成長していました。

その彼女、今では大学のダンスサークルで
部長を務めているそうです。
ルミエールでやってきたことが役に立っているとか。
その言葉をいただいただけで、
報われる思いになり、胸がジーンとしました

よくよく思い起こすと、
嬉しいことにルミエールの卒業生は、
転身後にリーダーシップを発揮してる子が多いです。

中学高校での部活動での部長。
大学サークルでのリーダーなどなど。

私自身、何を与えたかは全く覚えていません。
というか、バレエを指導しただけとしか言えないのです。
でも・・・その中にあるエッセンスに
リーダーシップがあったのかもしれません。

私が目指していることは、
「人の中にある最大限の可能性を見いだすこと。」
ちょっと大風呂敷かもしれませんが、
それが実現していると感じて嬉しかったですね。

ルミエールの卒業生に幸多きことを願っています。


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。


コンテンポラリー作品リハーサル 進捗状況

夏が近づいてきています。
緑も日々鮮やか。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

*〜*〜*

CID-UNESCOダンスコングレス2014の作品の
リハーサルが着々と進んでいます。

振付家のKAN-ICHI先生は
そのリハーサルが始まる前に
心と体が同時に動けるようなワークを必ず行っています。

ただ動きを真似るのではなく、
状況をイメージして、それを身体で表現していくのです。

霧の中をかきわけながら歩いて行く…とか。

2014-05-30-16-33-15


仲間の周囲にある霧を取り除くとか…。
様々なテーマを追いながら、動きを導いていきます。

2014-05-30-16-31-35



ペアでのストレッチもお互いの呼吸を感じることに焦点があたると
こんなに柔らかく伸びます。

2014-05-30-16-29-26



こちらは脱力して身体を解放させるワーク。

2014-05-30-16-30-54


これね、無理に引っ張ってないんですよ。
脱力したところを自然にコロンとひっくり返すのです。
寝転がってる人は力をできるだけ抜いて
パートナーに任せるのがコツです。

小さな男の子でも大人をひっくり返すことができました。
画像が無いのが残念!


心と体がつながったところで、
いよいよ作品のリハーサル。
4分の作品がほぼ全体の振付のクリエーションが終わりました。
でも、もっと良いアイデアが出ると躊躇無く変更していきます。
そこがダンサーにとっては辛くもあり、楽しくもあるところ。
創作の醍醐味といえるでしょう。

10月の本番めざして一歩一歩進んでいます。
ブログをご覧くださる皆様、ぜひ本番にいらしてくださいね。
CID-UNESCOワールドダンスコングレス2014公式サイト>>>


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。



初めてのポアント♪

このところスペシャルなスケジュールが相次いでいる
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。


5月14日は業者さんにお越しいただき、
ポアント・フィッティングを行いました。
ポアントとはトウシューズのことです。

今回は初めてのポアントを選ぶ生徒たちが
目を輝かせてやってきました。
小学6年生の子供達です。

ルミエールでは子供の発育成長を大切にしているので、
だいたいこの時期にトウシューズの許可が得られます。
ポアントを履ける状態へ育ってから履いてもらいます。
履いてからアライメントを整えるのは弊害が多いからなのです。
興味のある方のために見解についてはこちらに記載しました♪

さてさて、、、、
初めてのポアント・フィッティングは
こんな感じで進みます。

まず、座って足の形を見てもらいます。
フルポイント(爪先を伸ばす)にします。
フィッターさんは幅を含めたサイズはもちろん、
足の形、力の入りどころ、アライメントをチェック。

フィッターさんの背後にある青いコンテナは全部トウシューズ!
今回は8つのコンテナをお持ちくださいました。感謝!

2014-05-14-19-44-11


この足なら…と合いそうなシューズをセレクトして・・・・

2014-05-14-19-42-44


まっすぐに履きます。

2014-05-14-19-43-19



履いたら、パラレルでのプリエと1番ポジションでのプリエをし、
足とシューズをフィットさせ、
それから、パラレルに戻し、片足ずつポイントに立ち、両足に!!
トウシューズで初めて立った記念すべき瞬間です

2014-05-14-19-43-49


ここまで育てるのが一苦労ですが、
時間をかけただけの価値があると思います。
日々、忍耐の賜物で、
指導してきた私にとってもご褒美の瞬間でした(*^_^*)

フィッターさんはさらにチェックをします。
シューズと踵があっているか。
足幅がきちんと納まっているか。
甲のラインは綺麗に出ているか。

また、別のシューズの方が足のラインが綺麗に出そうなときは、
本人の履き心地も確認しながら、
候補のシューズをどんどん変えて試し履きします。
多いときは、5〜6足試すこともあるんですよ。
最終的には足にあっていて、綺麗に見える物に決定します。


成長期の子供は足のサイズが変化します。
それに合わせてシューズを替えていかなくてはなりません。
また、足のサイズがある程度確定した中学生以降であっても、
足の使い方が訓練によって良くなれば、
シューズのサイズ、種類を替えた方が良いケースも出ます。
とても繊細な世界です。

今回、ポアント許可の出た生徒達は一つの節目を迎えたわけですが、
ここからが正念場になりますね。
今日の感激を忘れずにレッスンへはげんでくださいね!!


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。





アダージオレッスン

新緑の風がさわやかですね。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

5月13日は月一レッスンのアダージオ。
アダージオとは男性とのパートナーリングの練習です。

ルミエールでは概ね中学2年生からこのレッスンが始まります。
もう5年以上このレッスンを積んできた生徒もいるんですよ。

講師は新国立劇場バレエ団でご活躍の小笠原一真先生。
的確で安定したサポートで、若い生徒達をご指導くださっています。

やはりコツコツ積んできたこともあり、
ピルエットが安定しています。(動画はありませんが
ポーズも堂に入ってます。

2014-05-14-14-43-08


2014-05-14-14-44-48


去年からアダージオを始め、
1年経った生徒もだんだん慣れてきています。
やはり継続は力なりです

2014-05-14-14-42-26


若い世代の吸収力は本当に素晴らしい。
この調子で成長していって欲しいです。


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。






コンテンポラリー作品リハーサル 進行中

母の日はいかがお過ごしでしたか?
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

KAN-ICHI先生をお迎えしての
コンテンポラリー作品リハーサル。
3回目のリポートをお届けします。


クラス開始直後は
身体が目覚めていくようなエクササイズを行います。

2014-05-11-14-14-49


身体が目覚めたら、移動の入ったステップで
ダイナミックに動きます。
次は自分の順番だ、とドキドキしてる生徒たち。

2014-05-11-14-21-16


思い切ってジャーンプ!!!

2014-05-11-14-35-36


お次はポーズをみんなで作ります。
まずは二人組で。
はじめは戸惑っていた子でも、慣れてくるとかなり積極的に♪
伸びやかに、活き活きと。
なかなかいけてます!!

2014-05-12-01-03-01


最後は全員でこんなポーズも作りました。
生徒たちの動きが伸びやかになる様子から、
「ダンスとは、心と体がハーモニーを奏でること」だと
しみじみ感じています。

2014-05-11-15-05-26



そこから先は作品のクリエーション。
これまで作ったところまでを確認、
そして、新しいパートを作りました。
今日で4分の作品が最後まで通りましたが、
「まだ、変更するかもしれないよ」とはKAN-ICHI先生。
生徒の皆さん、毎回気持ちを新たにして取り組みましょうね(^_-)☆


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。


来訪者

爽やかな初夏の日差しが気持ちいいですね。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

2014-05-10-12-22-12


このところスタジオへは来訪者が相次ぎ、
ちょっといい感じの緊張感が漂っています(笑)

ある時は、
和太鼓の先生。
指導の仕方を参考に…ということでした。

ある時は、
私の四半世紀来の友人。
突然の九州からの訪問でした。
同じ世代、同じ業種、同じ夢、
同じ悩みを共有する仲です。
サプライズな訪問で緊張したのは、私です(笑)

そして、ある時は
北海道からいらした生徒のおじいさまとおばあさま。
なんと、86歳と84歳!!!
とてもそうは見えないほど若々しいお二人でした。
お孫さんのお稽古姿をご覧になりたいそうで、
二つ返事で見学をお引き受けしました。
生徒は緊張していましたが、
こんな素敵なシチュエーションはそう無いこと。
ご家族の心に残るメモリーになったに違いないと思います。

人生のふとした1ページに
キラリとした輝きを添えるお手伝いできたこと、
嬉しく思っています。


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。

在り方を見つめるプロセス

ゴールデンウイークは今日が最終日。
楽しい時間をお過ごしだったことと思います。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

ルミエールではゴールデンウイークは
盛りだくさんの日々でした。

4月27日 KAN-ICHI先生指導のコンテンポラリー作品振付。
4月29日 さいとう美帆先生の講習会。
5月1日 ダンサーのためのボディ・コンディショニング講習会。
5月6日 コンテンポラリー作品リハーサル(おさらい)
他は祭日でも普段通りにレッスンしました。
7月、10月にステージを控えているからです。


今日、GW最終日はコンテンポラリー作品のおさらいでした。
この作品では、雰囲気や、空気感を大事にしています。
もちろん、クラシックでもそうですが、
プライオリティがどちらにあるかの違いかな。
最終的には目指すところは同じとは思います。


今は、とにかく、大きく動く。
ただ、動きを真似るのではなく、
どんな意味合いを持たせるのか。
自分の心と動きの繋がりを見いだし、
フォルムへと導き出していくのです。
それは、けして簡単では無く、在り方を見つめるプロセスです。

2014-05-06-18-22-25


リハーサルが終わっても
生徒達は居残りして、先輩にアドバイスをもらっていました。
和気藹々とノビノビと取り組んでいます。

2014-05-06-18-09-53


10月までどんどん躍り込んで、
作品の世界観をお届けしたいと思います。


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。

フットケアと靴選び

ゴールデンウイークいかがお過ごしですか?
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。

* * *

今日は個人的なお話です。
ブログでは記事にしてないのですが、
3月の下旬にぎっくり腰をやりまして、
4月中はその治療に専念していました。
近況はFacebookの個人アカウントでしてはいたものの、
ブログの方は滞っておりました。


ぎっくり腰の治療は鍼灸をメインにカイロプラクティック、
アーユルヴェーダのマッサージ、ラジオ波、低周波あたりを。

実は、いきつけの治療院はいくつかありまして、
バレエ特有のコンディションを理解してくれる治療家さん、
一般的な不調のケアをしてくれる治療家さん、
女性の身体の変動を理解してくれるセラピストさん、
それぞれの方にそれぞれの得意分野を診ていただいてます。

これだけ多岐にわたるのは、
皆さん、お忙しくて、私の都合に合う時間に
なかなか予約が取れないのが、実際の理由ではありますが…(笑)


これまで捻挫は良くやったけど、
ぎっくり腰は初めてのことで、これまでは他人事。
でも、年齢や仕事の内容を考えると、
土台から見直した方が良いよね…と考えて、
これまで知識はあったけれど、
自分では経験してなかったアプローチである
足と靴の関係を見直すことにしました。

ずっと昔から学んできた解剖学的アプローチの講座の中で
講師の方がおっしゃるには、
バレエのクラスでどんなに訓練しても、
それ以外の時間で何をしているか、
そして、その間、どんな靴を履いているかが
身体に与える影響が大きいのだよと。

特に靴について言えば、
日本では靴を玄関で脱ぎ着する文化なので、
脱ぎやすさに重点を置いているけど、
本当は足をしっかりホールドする靴が
健康な足を作るために重要なんだ、と。


幸いにして、懇意にしてるセラピストさんが
贔屓にしているところがあるということで、
そちらを訪れることにしました。

見ていただき、驚き!!

私の足は長さ23.5〜24.0、幅E〜EEですが、
その割には踵が小さいそうです。
踵が小さいことで足首が不安定になりがちで、
バランスがとりにくいそう。
(これ、バレエには不利ですやん
歩行時には足指を使いすぎているため、
毛細血管に十分血液が行かなくて
むくみやすく、タコやマメにもなりやすい。
また、土踏まずが深すぎて、
歩行時に足の通るべき軌道がずれていきやすい。
左は外販母指、右は外販母指になりかけ。
(両方、外反母趾と思ってたので、ちょっと嬉しい
歩行も左足の重心移動がセンターから大きくずれていて、
それが膝や腰の不調を引き起こすとか。

言われてみれば…のことばかりで、目から鱗

ただ・・・・
足指を使うことにしても、土踏まずにしても、
バレエではそれが普通だと思ってました。
これが足に良くないということに驚いてます。
ただ、私が良く無い使い方をバレエでしているからなのか、
バレエ自体にそうなる要素が大きいのか、
現時点ではわからないことばかりなので、
これからリサーチしたいと思ってます。


さて、私の足に適した靴とは…。
踵をしっかりホールドできる靴で、
外足部の作りがしっかりしていること。
今後はそうしたチェックポイントで靴を選びます。

2014-05-05-12-43-54


そして、今、手持ちの靴も診ていただきました。
幸いにして、私が履きやすいと思っていた物はほとんど合格点!!
履きにくかったけど、中敷きを作ることで履けないかな…と思う物も
要検討ということで、廃棄処分(笑)にはなりませんでした。

今回は中敷きを作るために
足型(足の裏の形状)をとってきました。
二週間後にはその中敷きを靴につけて、
ウォーキングも診ていただきます。

さて、どうなっていくでしょうか。
最近、個人セッションで見つけているお子さんの足の変形も
こういうアプローチで改善されるとも思っていて、
良い情報を皆様にお伝えできるキッカケともなるでしょうから、
公私ともに非常に楽しみです。



* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。

ボディ・コンディショニング 講習会

風薫る5月になりました。
バレエスタジオルミエール 米田ひろみです。


5月1日にはメルボルンにてセラピストとして
ご活躍の佐藤愛さんをお招きし、
『ダンサーのためのボディ・コンディショニング』
講習会を行いました。


2014-05-01-18-14-26



「ダンサーとしての責任」って?
「コンディショニングって何」?

一度、立ち止まり、
なんとなくやり過ごしていることに
スポットライトを当てる。

ただ、与えられたものをこなすだけではなく、
自分の身体を自分で感じて、
そこからどう持って行くと
自分自身をより良い状態へ維持し、
高めることができるのか。
発想の転換を求める機会となりました。


「自分で考えること。」
それがこれからの課題です。


個人アドバイスを受講した生徒にとっては、
隠れていた問題を見つけ、解決するための
エクササイズも生徒が自分でできるところまで
指導していただきました。

愛さんの明朗で快活なお人柄はとても魅力的。
今回のセミナーはショートカット版でしたが、
次回にはオリジナル版のセミナーでお願いしたいです。
どうもありがとうございました。

2014-05-01-19-45-42


佐藤愛さんの公式サイト
Dancers Life Support.Comはこちら >>


* * *

バレエスタジオルミエールでは
バレエを愛する子供達が毎日楽しくレッスンしています。
興味を持った方はぜひ公式サイトをご訪問ください。


バレエスタジオルミエールのfacebookページ。
アカウントお持ちの方はぜひご訪問ください。
イイネで応援よろしくお願いします。
バレエスタジオルミエールfacebookページ


ブログ筆者米田ひろみのFacebook
Hiromi Yoneda

バナーを作成
アカウントお持ちの方は
お気軽にフレンドリクエストをどうぞ。
リクエストの際には一言メッセージを
添えていただけると嬉しいです。
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ