ダンスは心と体のハーモニー

埼玉県朝霞市で活動するバレエスタジオルミエール・主宰者 米田ひろみのブログです。

2009年06月

新国立劇場『コッペリア』鑑賞記


今日6月29日は新国立劇場に赴き、
『コッペリア』を観てきました。

主演はタマラ・ロホとホセ・カレーニョ。
タマラ・ロホを初めて見たのは
2005年に行われたスペイン出身ダンサーの
パフォーマンスでした。
そのときは『海賊』とコンテンポラリーを踊ったのですが、
回転技のすごさに度肝を抜かれたことが
強く印象に残っています。

あれから4年経っていることや、
先日放映された『マノン』での彼女を観たこともあって、
スワニルダをどう演じるか非常に楽しみです。

ホセ・カレーニョは何度か観ているのですが、
いつ観たか覚えてません(汗)
でも、しなやかでダイナミックな踊りが
いつも観客を沸かせていました。

また、新国立劇場『コッペリア』は前回の公演でも観ています。
前回は思ったよりもローラン・プティのエスプリが出ていて、
日本人にもやれるものなのだなぁ~と思った記憶があります。

そんな期待を抱きつつ、
新国立劇場へ行ってきました。

・・・で、今回はどうだったかと言うと、
ローラン・プティの世界・・・というより
タマラ・ロホの個性が強い印象でした。
もちろん、タマラ・ロホはすばらしいのですが、
プティの世界とは何かちぐはぐな感じがしてしまいました。

過去にマルセイユバレエ団が来日したときの
ローラン・プティ自ら演じる『コッペリア』を観ているので、
どうもそこをスタンダードに感じてる自分がいるようです。
なので、それとの比較になってしまうんですね。

過去のマルセイユバレエ団の『コッペリア』は
プティのお膝元なので、そのエスプリを体現しているのはあたりまえ。
そこと比べることがいけないのかもしれません。


まぁ、こんな感じで複雑な面持ちで劇場を後にした私ですが、
同行した生徒達は目を輝かせていました。
生徒達にとってはイイ刺激です。
うん、やっぱりいい物を観るっていいですね(^^)



おさらい会の名前


おさらい会の名称。
ずっと考えていたのですが、紆余曲折の末、

ソロ・パフォーマンス

に決定しました!!!


正直言って、名前負けしています(爆)


でも・・・・

これから隔年で開催していけば、
生徒も成長し、その名前に負けないレベルへと
発展してゆくに違いない!!

そう思ってつけました。



*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*:::*


バレエスタジオルミエール
ソロ・パフォーマンス Vol.1


期日 2009年7月20日(月・祝日)
時間 午後2時開場 午後2時30分開演
開場 志木市民会館パルシティホール

プログラム
第1部…ソロ作品
第2部…ドン・キホーテよりグラン・パ

入場希望の方は入場券(無料)が必要です。
ご希望の方はこちらをクリック!(別画面へ飛びます)

お名前、ご住所、お電話番号、
メールアドレス、希望枚数を記入の上、
ご連絡くださいませ。
追ってご連絡さしあげます。






総稽古開始!!


おさらい会を1ヶ月後に控え、
いよいよオープニングとフィナーレのリハーサルが始まりました。
通常のレッスン以外に毎週日曜日に行われます。

出演者全員集合です。
下は幼児から上は大人まで勢揃いです。

振り付けはさして難しいステップはありませんが、
19名でのフォーメーションがあります。

こうしたことに慣れていない
少人数制の我がスタジオの生徒達には
念入りなリハーサルが必要となります。

でも、みんなバレエが大好きなメンバーで
上達への意欲が満面。
指導者である私のメッセージに
しっかりチューニングをあわせてくれます。

1時半から3時半の2時間のリハーサルは
エネルギーあふれる中、あっという間に終了。
今回はオープニングの振りはほぼ完成。
次週はフィナーレの振り写しの予定です。

肉体的にはハードなのですが、
生徒のみんなにエネルギーをわけてもらっています。
とても楽しいリハーサルです。




シミュコンの反省


先日アップしたシミュレーションバレエコンペティション。
生徒からDVDを見せてもらいました。

袖から見たらまぁまぁだった生徒も
正面から見ると、ギャーーなところがいっぱいです。

パキータのYちゃん。
レッスンで怪しかったテクニックは
ぎりぎりのところで成功!
し、しかし…ターンアウトが無い!!!
はい、当然、今後の基礎力アップ、ターンアウトが当面の目標ですね。

海賊のYちゃん。
表情や雰囲気はとってもすてきな彼女。
本番であがってしまい、足下がおぼつかない。
元々不安定だった回転はミスの連続。
あとは、アラベスクラインが。。。(涙)
というわけで、今後の課題はメンタル面の強化。
アラベスクの改善です。

ライモンダのMちゃん。
一つ一つを丁寧に踊りました。
し、しかし、上半身が歌ってない(涙)
今後の課題は表現力!!!!

ペザントのKくん。
すてきな笑顔で踊りました。
しかし、つま先が汚い(涙)
ラストのパッセトゥールでふらつく。
もちろん今後の課題は技術の安定とつまさきです。


まぁ、こんな感じで反省点がいろいろあるのでした。
でも、もっと良くなれるということで
今後の可能性にチャレンジですね!!




シミュレーションバレエコンペティション


今日6月13日はシミュレーションバレエコンペティション。
生徒4名が参加しました。

ジュニア2(中学2年)へ1名、
ジュニア1(中学3年~高校1年)へ2名、
シニア(高校2年以上)へ1名です。

当日の予定はジュニア1とシニアが
朝10時15分から場当たりということで、
朝8時に会場入り。

会場入りといっても楽屋入り口前で待機し、
メイクを始めます。
毎日メイクをするわけではない生徒達は
おぼつかない手つきでメイクをしています。
途中で私が助け船。
早く自分でできるようになりましょうね~。

9時に楽屋が空いてからはウォーミングアップ。
場当たりまでに踊れるコンディションに
仕上げなくてはなりません。

ウォーミングアップが終わったら、
即、衣裳に着替え、袖前の集合スペースへ。

出場者の点呼が行われ、
そのまま場当たりへ突入です。
今回の出場者は何度もこうした経験をしてきていますし、
年齢的にもしっかりしているので、
あれこれ指示することはほとんどありません。

立ち位置の確認や苦手なステップの練習に力が入ります。
みんな、がんばれ!!!

場当たりが終わると、いよいよ審査。


今回の出来は皆それぞれ。
コメントで高い評価をもらって大喜びの生徒。
レッスンで心配だったステップを成功した生徒もいれば、
今まで何気なくやっていたことがうまくいかなかった子もいます。
だから舞台は怖いのですよね。

うまくいったことは次回も。
反省点は改善してゆきましょうね。

今回踊った作品は来月のおさらい会でも踊りますし、
夏のコンクールでも踊ります。
まだまだ改善の余地はありますから、
今回うまくいった生徒はより良く。
反省のある生徒はリベンジですね。


コンクール出場後はそれぞれに記念のポーズ写真。
私のかわいい生徒達です。

paquita  peasant

corsaire  raymonda


月別アーカイブ
  • ライブドアブログ