ダンスは心と体のハーモニー

埼玉県朝霞市で活動するバレエスタジオルミエール・主宰者 米田ひろみのブログです。

2008年06月

衣裳が届いた♪


発表会の準備期間は佳境へと向かっています。
今日は貸衣裳が到着しました♪

どれも綺麗で可愛くて、
もし私が現役ならどれも着てみたい!!
そして、この子に着せたら似合うかな、
そんな風に選んだ衣裳ばかりです。

衣裳を渡したら、
もうみんな大喜び!!!
子供達はもちろん、
親御さんもそのかわいらしさに目を細めています。


さてさて、まずはチェックをしなくてはね。
生徒の皆さんに衣裳を着てもらいます。
そして、サイズのチェックをしていきます。

衣裳が大きすぎる子はいませんね。
では、カラダが成長して着れなくなっている子はどうかしら??

あ、一人いました。
背が伸びて着丈が少し足りません。
衣裳屋さんに相談し、1サイズ上に交換です。



衣裳はカタログで選んでいるので、
たまに(ホントにたまにですが)
イメージから大きくはずれた衣裳にあたることもあります。

今回、それがありました。
小さな子供ならば、可愛らしいデザインですが、
中高生以上となると、
太って見えてしまうデザインだったのです。
これは一大事!!!

幸運なことに今日到着したのは、
その一部で、大部分は後日発送となっていました。

大急ぎで衣裳屋さんに連絡をし、
別の衣裳への変更が可能かどうか相談しました。
すると、運良く代わりが見つかり、
時期が早かったので、キャンセル料など発生しないこと、
料金の追加が無いことがわかり一安心♪
なんとか事なきを得ました。


さて、これからは衣裳をつけてのリハーサルとなりますねぇ。
衣裳をつけると、動きが制限されたり、
胴回りが苦しかったりとかします。
スカートがつくので回転には遠心力がかかります。
それになれていかなくてはね。


フェアリーズ

こちらはフェアリーを踊るプレバレエ&小学低学年のお友達♪
本番もかわいく踊ってね~



門前の小僧習わぬ経を読む


レッスン・デモンストレーションの
キャラクターレッスンでは
初級と中上級が交互にステップを披露する構成になっています。

振付当初は別々にリハーサルをしていましたが、
発表会2ヶ月前くらいから合同で稽古をしています。

初めて合わせたときは、
上級生の踊りに目を丸くして見入っていた
初級の生徒達でしたが、
毎週顔を合わせるとだんだん慣れてきて、
上級生のステップを傍らでマネッコし始めました。

ある生徒が言うには、

『先生、私 もうお姉さんのステップ覚えたの。
 簡単だよ~~♪』

と、なかなか強者の台詞です。

音楽に合わせて動いて見せてくれました。

・・・・・・(^_^;)

確かに順番は覚えてはいるけれど、
私からは暴れているようにしか見えません。(笑)

でも・・・こうして一緒に稽古を重ねると
自然に覚えてしまうのですねぇ♪
『門前の小僧習わぬ経を読む』とはよく言ったもの!

今、小学3年生の子供達は2年後には5年生。
さすがに次回の2年後には
同じ演目はやらないと思うけれど、
その次の4年後なら中学生。
そしたら、この同じ演目で上級生の仲間入りもできますね!!

そのときにはグレードアップさせて、
素晴らしいステップを披露してくださいね。
未来に思いを馳せ、にんまりと笑うレヴェランスでした。



ピアニストさんとの合わせ稽古


6月21日はピアニストさんの生演奏によるリハーサルでした。
ピアニストのKさんにお越しいただき、
レッスン・デモの通し稽古を行いました。

始めにKさんと私とで
曖昧にしてあった箇所の確認をし、
生徒達との合わせ稽古をスタートしました。

普段と違う音楽の響き。
ちょっとしたフレーズに感じる遊び心。
やっぱり生演奏って素敵です。

普段との違いに面食らっていたのは
プレバレエの子供達。
中高生であれば、メロディーが多少違っても
カウントがとれるので、
テンポが極端に違わなければ反応できますが、
この世代にはそうはいかなかった><

とまどい、困ったお顔をしています。
私が前で動いて指示を出したり、
声をかけたりしてなんとか踊りました。
それでも、ホントによく出来た方だと思います。

こうした経験の積み重ねで
臨機応変になっていくのでしょう。


クラシックからプレバレエ、
そしてキャラクターと合計時間はおよそ40分。
みんな頑張りました。

でも、そこからがまた凄かった!!

ピアニストのKさんから
『よかったらもう一度通しましょうか?』
との申し出がありました。

なんとも嬉しい申し出!!
即、お願いしました。

疲れてきた子供達は
『ええ~~?!』なんて
少し文句を言っていたけど、

『何言ってるの、
 こんな機会滅多に無いのよ!!
 もう1回やりますよ!!』

と、ゴリ押ししたレヴェランスでした(^^ゞ


今回のリハーサルはビデオに収録し、
バッチリチェックし、ダメ出しです(>m<)

まだまだ最後まで良くすることを
あきらめませんよ~~
生徒のみんな、頑張ろうね!!!





記念Tシャツ到着~♪


前回の発表会から記念Tシャツを作るようになりました。
スタジオには本業がイラストレーターの生徒さんがいます。
彼女にデザインを依頼してつくっていただいてます。

今回はなんと4種類のパターンから選べることにしたのです。
黒地に白のプリント、白地にクロのプリント、
紺地に水色のプリント、チョコレート色地にピンクのプリント。

そして、同じイラストとロゴを使って
エコバッグも作っちゃいました!!
生成りに赤プリントでなかなかおしゃれ。
これも素材と大きさ違いで3種類♪

業者さんの協力もあって、
なかなかバラエティに富んだTシャツやバッグを
生徒の皆さんに提供できます。

こういうのってホントに楽しい♪
みんなに喜んでもらえることも嬉しい♪


今日はそのサンプルが届きました。
バッグがなんとも可愛らしい出来映え♪
一番小さいバッグはトウシューズを何足も入れられてGOOD♪
Tシャツもキュート~~♪

今日は画像が間に合いませんでした。
今度お披露目しますね(>m<)




花輪完成!!


6月14日土曜の午後は生徒有志に手伝ってもらい、
花輪を作りました。

作り方をおおまかに説明すると、
作業自体は単純なので、みんなすぐに手順を呑み込みました。

園芸用支柱でアーチ型のものに、
造花の枝部分(針金でできている)を
ぐるぐると巻き付けてゆきます。
安定しないところはグリーンの園芸用針金で補強します。

お花の並べ方や向きの付け方もセンスが物を言います。
でも、遠目に見てキレイなら大丈夫なので、
極端に神経質になる必要はありません。

みんな、おしゃべりしながら
作業に励みました。
単純作業なので、集中力が切れたら休憩です。


さて、今回作るのは8つ。
いったいどれくらいの時間がかかったと思いますか?

午後1時に始め、終わったのは4時すぎ。
なんと丸々3時間。
しかも5人がかりでした。


これ、一人でやったら、
時間がどれだけあっても足りません。
あ~~、みんなのおかげで助かりました。
どうもありがとうね♪


はい。
できあがった花輪をご披露いたしましょー^^


hanawa.jpg


海賊のラストシーンを彩る花輪。
照明に映えて綺麗に見えると嬉しいですね。








振り渡し完了!!!


あああ、やっと全作品の振り渡しが終わりました。

いつものペースなら、
発表会本番2ヶ月前には全部の振りを
生徒に渡し終えてますが、
今回はいろいろな事情がからみ、
1ヶ月前になってようやくです~(^^;)
こんなの初めてですよ、ホント。

まぁ、これも生徒達が成長し、
それでもやれる段階に達しているから
出来るのですよね。(>m<)

さぁて、これからは踊りこみですよ。
そして、ピアニストさんとの合わせ稽古に、
スタッフ下見に舞台稽古。
どんどん本番へと向かっていきます。


生徒のみんなに気をつけて欲しいのは健康管理。
梅雨入りし、なんとも過ごしにくい湿気です。
体調を崩してしまう生徒も見受けられます。

あと気をつけたいことは、怪我です。
ここで怪我をしてはこれまでの努力が水の泡。
稽古中もそれ以外の時も注意深く過ごしてくださいね。





できたと思っていたけれど…


先日音楽編集が終わったーー!!
と、喜んでいたものの・・・

リハーサルで改めて編集が必要なところが発覚(-"-)
しかも、自分でできるレベルの作業ではない・・・

う~ん、こればかりはしかたないです。。。
音響さんに予約を入れました。


発表会の準備は相変わらず山あり谷ありですねぇ。





音楽はこんなにも美しいのに


発表会の演目レッスン・デモ用の音楽は
ピアニストさんから送っていただいたものです。

それを聞いてアダージオの振りを考えています。
その音楽がとっても美しいの。

心の琴線に触れる、っていうけど、
そんな感じなの。

そんな音楽に振りを付けるということは、
音楽を動きに変換させてゆくこと。


だけど、自分から浮かんでくる振りは
良くも悪くも自分の中にあるものしかなくて、
創ってはみたものの、
少しだけだけど、
『何かが欠けてるような感覚』がつきまとう。

いつになったら、
自分の『創り出す物』に
自信が持てるようになるのかしらん・・・?

音楽はこんなにも美しいのに、
私の創り出すものとのギャップがある。
そんな風に感じています。


こればかりは、やってみて、
それからまた手直しをして・・・
どんどん研鑽を積むしかないこと。

いつかは美しい音楽と美しい振りが
融合した状態を創り出したいものです。




音楽編集ようやく完了!


6月9日は音楽編集に行ってきました。
以前に行ったのは3月31日でしたから、
あれからずいぶん経ったのですねぇ。

今回はその後に変更の決まった物や
新たに使うことに決まった音楽の編集をしてきました。

数にして17曲。
簡単なテンポ調整から、
音楽全体の長さを変えるものまで。

途中で思わぬアクシデントがありました。
私が持参したCDに傷があったのです。
CDプレイヤーで演奏すると問題無いので、
気づかなかったのです。

音響さんの話によると、
CDプレイヤーはエラー修正機能が優れているのだそう。

でも、PCで取り込むとなると、
そのまま傷の影響を受けてしまい、
ノイズが入ってしまうのです。

日を改めなくてはならないかなと思ったのですが、
音響さんはやはりプロ!!!
別の収録方法で無事に音楽を取り込むことができました。

その後は作業は黙々と。
まぁ、それにしても17曲もありましたので、
午後3時に始まった作業が終わったときは
なんと午後10時をまわっておりました。

もうその時は集中力の限界で、
思考回路の停止一歩前でしたf(^ω^;) 


これで音楽編集は無事完了!!!
発表会までの準備は着々と進んでいます^^


*--*--*--*--*--*


ああ、これでリハーサルがサクサク進みますね♪


実は今回編集した音楽の中に
元曲のスピードが速すぎて、
手持ちの変速機付きCDデッキでも
対応できていなかったんです。

また、曲の一部分だけに
スピード調整の必要な曲のリハーサルでは、
ついついテンポ変更に意識が向きがちで
生徒の踊りをちゃんと見れていないケースも出てきます。

これもようやく解決です♪(^▽^)ノ


*--*--*--*--*--*


この場をお借りして
音響のKさんに感謝申し上げますm(_ _)m




カラダのお手入れ


発表会のリハーサル期間ともなると、
生徒の中にはオーバーワークによる不調が出てくる生徒がいます。

そうした生徒は概ね
引き上げがまだ十分でなかったり、
足の筋肉の使い方が未熟であったり、
という傾向がありますね。

普段の稽古で気をつけてレッスンしていても、
踊りにまでは反映しきれない><。。。
そんな状況なのです。

あとは、疲れが取り切れていないこともありますね。
夜更かしの習慣もそれを増長させてしまいます。
そんな場合は生活の見直しが必要ですね。


生徒個人個人の事情は
さすがに私にはどうすることもできない分野。

サジェスチョンはできても、
改善するのは生徒自身の問題だからです。

でも、でも・・・
せめて何か良い方向にお手伝いをしたい!!

そう思い、友人@セラピストに相談したところ、
レッスン後に筋肉のクールダウン用のアロマオイルを
調合した乳液でお手入れしてはどうかね、
というアドバイスをいただきました。

適したオイルも教えていただき、
早速購入♪


essential oil.jpg


それでクールダウン用の乳液を調合しましたよ~♪

夕べは自分もそれでお手入れしてみました。
今朝はなんだかいい感じ♪

明日のお稽古で生徒に試してもらいましょ♪(^▽^)ノ


少しでもよいコンディションで
本番までのハードワークを乗り切ってもらいたいものです。




月別アーカイブ
  • ライブドアブログ