ダンスは心と体のハーモニー

埼玉県朝霞市で活動するバレエスタジオルミエール・主宰者 米田ひろみのブログです。

2007年12月

来年もよろしくお願いします♪


今日は大掃除でした。
我が家の場合、普段家事がほとんどできないので、
今日はもう大変!!><
大掃除というよりも整理整頓だけで一日が終わりました。
でも、ちょっとスッキリとしたので、
気持ちよく新年を迎えることができそうです。


来年は発表会を行います。
新年あけからその準備にとりかかります。


今年も我がブログへご訪問下さり、
心より感謝申し上げます。
来年が皆様にとって多くの幸運が巡ってくる1年でありますように。





2007年を振り返って


2007年も残りあとわずか。
今年はとっても早く1年が過ぎたような気がします。

スタジオ主催の発表会は有りませんでしたが、
チャリティコンサートへの出演、
コンクールではシミュレーションバレエコンペティション、
埼玉舞踊コンクール、エデュケーショナルバレエコンペティションと
盛りだくさんな活動をしてきました。

あとは、ワークショップや講習会への参加。
いつも何か課題があって、
ずっと走ってきたような感がありますが、
そこからは沢山の学びがあり、
実践からより発展へと一歩一歩向かっています。


私のパターンとしては、
特別にポンと大きな成果が出るわけではなく、
一つ課題をクリアするごとに
一つ成果が現れるという感じ。
ウサギとカメなら、カメの方。
歩みはのろいけど
前進していっていることは確かです。

来年も一歩一歩前進し、
良い年にしていきます(⌒ー⌒)ノ





年賀状!


年内の予定を全て終え、
今日はようやく年賀状作りに取りかかりました。

家族用のもの、スタジオ関係者用のものと
毎年2パターン作ります。


スタジオ用のものは
この1年間活躍した生徒達のステージ写真を
ふんだんに使って仕上げます。
今年はシンプルにまとめあげました。

家族用のものは毎年家族で写真を撮りまして、
それをレイアウト。
近況がわかるように来年の抱負をそれぞれに。
あとは、手書きで一言メッセージ。

普段からお便りづくりをやってきているので、
こうした作業はお手のものです(>m<)
しかし。。。センスにはイマイチ自信無し(^^ゞ
まぁ、それでもできあいのものを使うよりはと
毎年自分で作っています。


昨日の遅い時間に投函しましたので、
到着するのは元旦を過ぎてしまいますね。f(^ω^;) 

皆様はもう年賀状はバッチリですか???




エデュケーショナルバレエコンペティション 決戦


いよいよ今日はエデュケーショナルバレエコンペティション決戦。
朝一番に生徒と待ち合わせをし、会場へと出かけます。

平日の朝一番だと電車はめちゃくちゃ混みます。
普段そうした経験の無い子供にはちょっと厳しい一日の始まりです。

会場につくやいなや、
即、着替えて髪を結い、メイクを始めます。

なんせ、場当たり時刻は10時半。
楽屋入りから1時間半しか無いのです。
それまでにメイクもバーレッスンも
すべて終わらせてしまわなければなりません。
全て手早く正確にと意識を集中させます。

でも、指導者の私がピリピリしては
生徒がもっと緊張してしまうので、
なるべくおだやかに、普段通り振る舞うように心がけます。


メイクを終え、即座にロビーへ出かけます。
ロビーにはバーを常設してくれていますので、
出場者はそこでバーレッスンを行います。
バーを一通り行い、課題曲のおさらいも。
アッという間に場当たりの時間は目の前です。

場当たりの前にレオタードを本選用のものに着替えます。
レオタードには指定はありませんが、
本人のカラダのラインを綺麗に見せるモノを選んでいます。

児童の部はレオタード審査なので、
衣裳の着替えが無い分、
時間的に余裕がありました♪( ´∀`)

もし、衣裳があったら、
ウォーミングアップの時間を充分取れなかっただろうなぁ・・・
あー、考えただけで恐ろしいーー!!


おっとっと、閑話休題。


着替えが終わったら、即、場当たり。
そして、審査が始まります。

こうなると指導者の出番はもうありません。
うまくいくように祈るだけです。


*--*--*--*--*--*


審査が終了したら、
もう着替えて審査結果を待つだけになります。
今回の出場生徒は児童だったので、
このあと、ジュニア、シニアの出場を全て終えるまで
長ーーい時間を過ごします。

審査を観ることは勉強にはなるけれど、かなり疲れます。
腰は痛くなるし、目は疲れるし・・・(-_-)(トシノセイカナ)
一方、我が生徒は目を輝かせて舞台上の審査を見学していた様子。
なかなか頼もしいわ~(>m<)


さて。。。。
審査結果は残念ながら入選ならず~><
でも、初めて参加して決戦へと進んだわけだから、
大きな第一歩でしたね。
よくやったと思います!!
次回はより上を目指して頑張りましょうね。
お疲れ様でしたーー!!!


*--*--*--*--*--*


私自身もいろいろと反省やら
今後の展望やらに目を向ける機会となった
コンクールでした。

ここでの経験を糧に、
また一歩生徒と共に歩みたいと思います。(⌒ー⌒)ノ





シルヴィ・ギエムの舞台


キャラクター講習会が終わったその足で
今度はシルヴィ・ギエムのステージを観に行きました。

前に東京文化会館で別のプログラムを観てきました。
(↑忙しくてブログには書かなかったけどね。)
今回は白鳥2幕とPUSHをギエムが踊ります。

席は上手寄りで少々上手が見えないけれど、
まぁ、全体が見渡せる所でした。^^



ギエムの白鳥は心理描写がハッキリとしていています。
オデットの気持ちが動きによってクリアに表現されていました。
登場時はまだ王子を警戒し怖がっていて、
さしのべられる手をとるまでに
ハッキリとためらいが見て取れます。
踊りが進むにつれ、徐々に王子への信頼が増していきます。
ほんのちょっとした仕草のひとつひとつに意味がある…。
そのように感じました。

PUSHについては、『スゴイ』の一言しかありません。
一体どうしてあのような動きを
観客に難しいと思わせずにサラリとやってのけるのでしょう。

クラシックでは脚を高く上げることや
回転を多く入れたり、足捌きのスピードを上げることをすれば、
それが高度なことなんだと観客に伝えることができますが、
ゆったりとスローな動きで何気なく動いてしまうと、
それがとても自然に見えてしまう。

あとになってよくよく考えてみると、
それが人間にとって、重力のある地球で行うことが
いかに難しい動きだったかに気づかされます。
それくらいスゴイのです。

しかも、単なる動きにとどまらず、
そこに何かしらのメッセージが内包されていて、
心というか、お腹の部分に訴えかけてくる。
そんな感覚なのです。
だから、形容のしようがないんです。



一緒に行った友人は大感激。
あぁ、誘ってよかったなぁ~♪

私も2度観ることが出来て、
とても贅沢な年末を過ごすことができました。




キャラクターダンス講習会 最終日


今日はキャラクターダンス講習会の最終日でした。
指導者クラスでは先生へのQ&Aタイム。
その後大急ぎでクラスレッスンを。

トム先生のキャラクターレッスンは
ハンガリー、ポーランド、ロシアの
本来の民族舞踊の源流に近いもので、
民族のエネルギーに満ちています。

ですので、よくビデオなどで見ることが出来る
キャラクターレッスンとは少々違います。
(トム先生のレッスンにはスパニッシュは無いのです。)

こうした源流(オリジナル)に近いレッスンを指導することのできる
指導者は世界に5人くらいしかいらっしゃらないとのこと。

そうしたレッスンを受講することができて、
感激で胸がいっぱいです(´▽`)♪



今回の収穫はトム先生から
キャラクターのレッスンCDを
お世話していただけるようことになったこと♪

子供のクラスでキャラクターを取り入れるにも、
音楽が無いと難しいということもあり、
ほんの一部分しか導入できてないのです。
音楽があれば、それも解決に!

子供達がバレエを学ぶプロセスで
キャラクターレッスンが入ることは多くの恵みがあると感じています。
それが実現するのまであと少しです(>m<)


来年もトム先生のレッスンには
是非とも参加したいですね!!
また、上達した自分を感じることができるかな^^

そして、このブログをご覧の方にも
お勧めしたいと思います。


最後に主催団体のコラボレイト研究所の皆様に
素晴らしいセミナーを開催してくださったことに
心より感謝申し上げます。



*--*--*--*--*--*


トム・ボスマ先生の指導されているバレエ学校はこちら
  koninklijk Conservatorium Royal Conservatoire >>>




エデュケーショナルバレエコンペティション


今日はエデュケーショナルバレエコンペティションの予選。
朝8時前に出場する生徒と待ち合わせ。
電車を乗り継ぎ、会場へ。
会場へは9時前に到着でした。

午後2時頃の出番だったので、
メイクも焦らず、ウォーミングアップも充分。
言うこと無しの状況で準備ができました^^


ひとつだけムムム~だったことは、
コンクールでは審査前に場当たりがあるのですが、
その際指導者が袖に入って指導が出来なかったこと。

出場生徒は児童であることと、
こうした場に出るのが初めてだったこともあり、
なるべくステージでそのチェックをしたかったのですが、
今回はそれができません。・°・(ノД`)・°・

代わりなのかは分かりませんが、
緞帳は開きっぱなしで、客席から場当たりを見ることができます。
(これまで参加したコンクールは場当たりは緞帳が下りている。)

なので、生徒が舞台に上がったら、客席へ大急ぎで移動です。
しかも入れるところは2階席だけ。
1階席は審査員しか入れないのです。

2階客席からは当然のことながら、
声をかけることもできません。
舞台上の生徒の動きをただ見つめるだけ。

生徒からは少々アタフタしている様子が伝わりました。
う~~ん、大丈夫か?(^_^;)


コンクールによってルールが違うのは
仕方ないことですが、
そのための対策が必要だな・・・と感じたヒトコマでした。



さてさて、場当たりはなんとか終了。

場当たりでのチェック事項を生徒に伝え、
本番では留意するように促します。

審査が始まり、順番が進みます。
生徒は楽屋廊下で待機しています。
待機している間の緊張感。
これがまた何とも言えないものですよー!


審査でも指導者は袖に入れないので、
生徒が舞台袖に入る順番が来た時点で客席に移動。

よくよく考えてみると、
コンクールで生徒の踊りを客席で見るのは初めてです♪
ちょっと嬉しいかも(>m<)


私の生徒の審査がスタートしました。
場当たりでは不安げだったことを払拭。
なかなか堂々とした踊りを披露してくれました。
おぉぉ、やったわね!!

この出来なら稽古と遜色なし。
もちろん、いろいろアラを探すことはできるけど、
ここまでやってきたプロセスが大切なのだもの。
まずはそこを認めてあげたい!!!


さて、審査結果。

嬉しいことに生徒は予選通過!!!
28日に決戦が行われます。

さぁ、もうひと頑張りです!!

まぁ、それにしても2007年の幕引きはコンクール決戦とはーー!!
来年に向かっての嬉しい飛躍を感じています。






今日&明日はコンクールへ


今日は生徒がコンクールに出場するため、引率をしています。

コンクールは
エデュケーショナルバレエコンペティションといいます。

今日はレッスン審査。明日が予選。
予選を通ると28日が決戦というスケジュール。





さぁ、明日は予選です。
私はお世話することと祈ることしかできませんが、
生徒がこのコンペティションを通して
多くを学べるようにと願いつつ。。。。





キャラクターダンス講習会 2日目


キャラクターダンス講習会。
2日目の覚え書きです^^


指導者クラスでは初級の内容を学んでいます。
子供の初級では1つ1つのステップの
単独練習を行うのですが、我々指導者は大人。
そうしたことから初級とはいえ、
ステップの組み合わせとなっているので、
慣れていないと瞬間フリーズしてしまいます><

キャラクターダンスのリズムは細かく速いうえに
重心の位置がクラシックとは違うので、
日頃クラシックの指導が中心になってると、
重心の違いにカラダがついてきてくれないという状況に陥ってしまうんです。

私は毎年受講していて
4年目か5年目(あいまいな記憶で失礼)になりますが、
自分の鈍さを痛感しつつ、ようやっと慣れてきたところです。
なんとも恥ずかしい話ですがねぇ(^^ゞ


一方、上級の生徒クラスを見学していると・・・・
去年参加していた受講生が成長しているのがハッキリとわかります。
そして、難しいリズムのステップをどんどん覚えていきます。
若さってスゴイと驚嘆。

ちなみに上級クラスに参加した私の生徒Kくん。
(怪我、お稽古できるレベルにまで復活しました♪)

彼はどうもリズムがハッキリして均等なものが得手なようです。
先生がやってみせてくださる
かなりややこしいコーディネイションの動きを
2~3回くらい一緒に踊れば、
その次はほぼ出来てしまっています。

これも若さのなせる技か?!
なんともうらやましい!!
私も若い頃に習っていれば、出来るようになっていた・・かな??



まぁ、こんな感じで、
毎年若者の成長を横目で見つつ(爆)、
私もそれなりに上達している喜びも感じています。

それに、なんと言っても
トム・ボスマ先生が素晴らしいんです。
キャラクターダンスってとっても素晴らしい!!




今回は中村恩恵さんによる
コンテンポラリーのレッスンも行われています。
(生徒だけで、指導者のクラスは無いのが残念;)
そちらの覚え書きはまたの機会に~(⌒ー⌒)ノ



今日からキャラクターダンス講習会


今日からキャラクターダンス講習会指導者クラスに参加してきます。
トム・ボスマ先生のエネルギー溢れるレッスンです。
とっても楽しみです♪(^▽^)ノ


し、しかし・・・
毎年衰えを感じる我がカラダ・・・
ついていけるかどうか、ちょっと心配(^^ゞ

頑張れ! 自分!!




キャラクターダンス用シューズ







月別アーカイブ
  • ライブドアブログ