ダンスは心と体のハーモニー

埼玉県朝霞市で活動するバレエスタジオルミエール・主宰者 米田ひろみのブログです。

2007年07月

のんびり過ごす


毎日のようにめまぐるしい日々を送っていると、
昨日のことですら、もう数日前のことであったかのように感じます。

なんでもDSソフトの脳トレでは
3日前の夕飯のメニューを聞いてくるらしいけれど、
そんなの覚えてないです。


DS脳トレ



そういうのを覚えているのが脳年齢の若さなのだとしたら、
私、ヤバイです。(大汗)



まぁ、のんびりとする日は必要みたいです。
時間の流れをゆったりと感じるって最高の贅沢。

明日(8月1日)から北海道に行ってきます。
札幌バレエセミナーへの参加です。

前半の4日間は保護者としての参加。(つまり生徒の引率)
この4日間はあえてのんびりと過ごしたいと思います。

そして、後半の4日間は受講生としての参加。
クラシックレッスン、エクササイズ、スパニッシュ、解剖学を学びます。
1年ぶりのスパニッシュ。カスタネットの指が動くでしょうか~?



A.O.D.T.ダンス指導者&治療師ジョイントセミナー 最終日


講習会最終日でした。
今日は上級クラス見学、中級クラス見学、
パ・ド・ドゥクラス見学、ヴァリエーションクラス見学、
そして、指導者の為のクラスレッスン、質疑応答。

ほとんど一日を見学で費やし、
ちょっと腰が痛い、足も固まる~><
そんな状況なのだけど、
すべてのクラスを見逃すなんてそんなんもったいない!
まぁ、有る意味貧乏性。(笑)

それでも本当に勉強になるのです。
生徒へのアプローチの仕方、指導者の在り方、
どんなことをどんな場面で伝えるか・・・。

そして、何年もこのセミナーに通ってくる生徒達の成長。
これが我々指導者にとっての醍醐味かもしれません。
現在海外留学をしていて日本に帰国している生徒も参加しています。
その子達の綺麗なことといったら・・・(うっとり)
パ・ド・ドゥクラスでも
模範演技という感じでホレボレしてしまいました。


*--*--*--*--*--*


そして、ヴァリエーションクラス。
今回は2日間ということもあり、
女子の課題ジゼルは曲全部まで進みませんでした。
参加者が多かったのと、2人ずつ踊っているのを
先生がチェックしているので、それに時間が必要でした。
でも、生徒にとってはちゃんと見ていただけるので
緊張感もあり、よい刺激になっています。

そして、我々指導者にとっても
いろんな子のケースを見ることができるので、
ジゼル指導上のポイントについて多くの情報を得ることができます。

男子海賊は音楽自体が短いことと男子の参加者が3名なので、
全体まで進むことができました。
何度も踊ることで動き方が板に付いていきます。
締めくくりのジュテ・アントルナンのマネージュも
稽古場一杯に回ります。
普段やりなれてない受講生は目が回ってヘロヘロになるシーンも。

あ、そうそう。最終日にはサプライズもありました。
海外留学しているCくんが飛び入り受講。
彼は今年のローザンヌでも活躍しました。
その彼が踊るとまぁ素晴らしいこと!!
受講生の少年達は目を見張って彼の動きを見つめていました。
とてもいい刺激になったことでしょう。


*--*--*--*--*--*


3日間の講習会が無事終わりました。
いっぱい学ぶことがありました。
参加した生徒も多くの刺激を受け、
また明日からのレッスンに励んでいくでしょう。
もちろん、私もこれからの指導へ活かしていきます。


最後にこのような素晴らしい講習会を開催してくださった
A.O.D.T.のスタッフの皆様に感謝申し上げます。





A.O.D.T.ダンス指導者&治療師ジョイントセミナー 第2日目


ジョイントセミナーは今日が中日です。
指導者の時間割はペダゴジーレクチャー、中級レッスン見学、
クラシックレッスン、即興クラス見学、ヴァリエーションレッスン見学。
またもや盛りだくさんです。


*--*--*--*--*--*


今日は初めて中級レッスンを見学。

中級レッスンでは年齢層が小学4年~6年ですが、
基礎の身体の使い方を重要視した内容でした。

一つ一つのエクササイズにはクオリティの指示があります。
エネルギーの使い方、どこに力が必要で、どこに力が不要なのか。

とてもシンプルな動き(順番)ではあるけれど、
身体の動きに集中できるレッスンです。
子供達のラインがみるみる変化するのが手に取るようにわかります。


*--*--*--*--*--*


クラシックレッスンは私にとって久々のレッスン。(汗)
捻挫もしていたので、ルルベの多いエクササイズには
無茶をしない程度に参加でした。


*--*--*--*--*--*


即興レッスン見学では、昨日からの発展を見ることができました。
昨日は子供達を2人組みにし、即興のテーマを与え、
作品を作る宿題がありました。
それが非常に面白かったですね。
特に男の子の創るものはダイナミックで独創性がありますね。
生徒にも指導者にも大受けでした。


*--*--*--*--*--*


ヴァリエーションレッスンでは、
女子がジゼル1幕、男子は海賊です。

ジゼルは音の取り方、どこで何を意識するか、
ステップでは何を注意するかを一つ一つ細かく丁寧に指導します。

初めはぎくしゃくしていた動きの受講生達が
どんどんジゼルへと近づきます。
素晴らしいことだなぁ、と思いました。

男子は海賊。
とにかくダイナミックな踊りです。
ワイルドな雰囲気と空間を凌駕するステップ。

初めはヒョロヒョロとしていた受講生も
何度も動き方やタイミングや
コーディネーションの指導を受けることで
コンラッドの雰囲気へと近づいてゆきます。

ヴァリエーションレッスンは2日間あります。
あと1日でどこまで仕上がっていくでしょうか。
非常に興味深い内容です。


*--*--*--*--*--*


さあ、あと最終日が残っています。
生徒はもっと長く続けばいいのにーー!!と言ってます。
私もあと1日で終わるのが寂しいです。



A.O.D.T.ダンス指導者&治療師ジョイントセミナー 第1日目


いよいよ始まりました。
ダンス指導者&治療師ジョイントセミナー。

指導者のカリキュラムは
ペタゴジーレクチャー、解剖学レクチャー、
パ・ド・ドゥレッスン見学、即興クラス見学、
クラシックレッスン、ヴァリエーションレッスン見学と
非常に盛りだくさんです。

今日はペダゴジーレクチャー、
解剖学レクチャー、パ・ド・ドゥクラス見学、
即興クラス見学でした。

特に即興クラスが興味深い内容でした。
生徒の自発的な反応を引き出すことへの可能性。
感情表現、物語を動きで表現すること。
などなど・・・・。

自分の指導にも取り入れていきたいと
どうやって組み込んでいこうか考え中です(´▽`)


今日はほとんど座りっぱなしだったので、
腰に負担が来てました。

見ている間は集中していたので
気づかなかったのですが、
立ち上がるときにイタタタ・・・と。(笑)


さて、明日はバレエレッスンもあります。
捻挫の回復がイマイチなので、
ペースダウンして受けなくちゃです。
それがちょっと悔しいです(-"-)

それでもやっぱり楽しいですね!!
あー、なんて幸せなんだろう、って感じます。
まー、明日もがんばりますわ。



すごいプロジェクト


ただいまスゴイプロジェクトが動き始めました。
それは何かは今の段階では言えないけれど、
とにかく自分にとっては
人生をかけたプロジェクトであることは確かです。
正式に決まったら、お披露目できると思います。




講習会間近です


私が会員として参加しているThe Association of Dance Teachers。
通称A.O.D.T.(エーオーディーティー)と呼びます。
A.O.D.T.主催の講習会が週末(28~30日)に行われます。

その講習会はジョイントセミナーといい、
ダンサー治療に携わる治療師とダンス教師が学ぶことのできるセミナーです。
講師としてアントワープよりヤン・ヌイッツ先生、キミー・ロウエンス先生、
フランシス・ウエイツ先生のお三方をお招きしています。

ダンス指導者、治療師が学ぶカリキュラムに加え、
会員(ダンス教師)の生徒のためのレッスンも同時に行われます。
中級クラシック、上級クラシック、インプロ(即興)、
ヴァリエーション、上級生徒によるパ・ド・ドゥがあります。

その生徒クラスに私の生徒が2名参加します。
ヴァリエーションは事前に課題曲が発表され、
各自ざっと覚えておくようにと連絡が来ました。
女子はジゼル第1幕、男子は海賊コンラッド(アリ)。

講習会までもう時間が無いので、
急遽クラスレッスンでその課題曲を練習することに。

クラスで振りを渡して驚いたことは、
中学生となると、覚えが早いこと。
1~2回説明すれば、ほぼ覚えてしまいます。

振りのパターンはいろいろあるので、
キッチリ覚え込んでも
いざ講習会では違うバージョンがでてくるかもしれません。
そのことをあらかじめ生徒には言い渡しておきました。

ちょっぴり気になるのは、テクニックの出来ない部分。
これから何ヶ月も時間があるのなら、
直していき、完成度を上げますが、
今日の目的は振りを覚えること。

テクニックが出来ないままで講習会に行くのは
少々懸念事項ですが、これもまた勉強。
講習会はオーディションではありませんし、
できないことを学びにいくところでもあります。
そんなに気に病むほどのことはありません。

それにちょっと悔しい思いをすることも必要です。
それが大きな飛躍のバネになる可能性がありますもの。

見方を変えれば開き直りってヤツですね(笑)


*--*--*--*--*--*


講習会ではどんなことが学べるでしょうか。

同じことを別の指導者から指摘されることもいいでしょう。
同じことでも別の言葉で表現されると理解が深まるかもしれません。
同じ年代のバレエに真剣に取り組む生徒ばかりの集団に混じることで
自分の意識がより高まることもあるでしょう。
ショックを受けるかもしれません。
バレエがより大好きになるかもしれません。

いろんな経験と体験を通して
心も体も技術も育ってくれるに違いないです。

たとえ、違いや効果が即、出ないとしても、
経験は脳裏に染みついて、花開くときはやってくるもの。
焦らずに見守りたいと思います。


*--*--*--*--*--*


さぁ、どうなるでしょうか。
楽しみです。(´▽`)








長ーーい一日


7月25日は私にとって長ーーい一日でした。

朝、9時に稽古場入りしてリノリウム設置。
9時半~10時45分までは小学生のクラスレッスン。

その後は埼玉舞踊コンに出る生徒のウォーミングアップとリハーサル。
終わったら、稽古場の片付け。

昼食を大急ぎでとり、
埼玉文化センターへ移動。
(電車で3駅なり)

生徒が埼玉舞踊コンに出場。
(残念ながら予選通過ならずۤ
終わったらすぐに帰宅。

続いて支度し、またもや稽古場へ。
7時半から9時半までは大人の初級レッスン。



ってなスケジュールでした。
コンクールの付き添いは疲れますねーー。
すべてのスケジュールをこなし、
帰宅した時点でもうヘロヘロでした。


もうすぐスタジオも夏休みに入るので、
そうしたらのんびりできる・・・・かな?

それにしても、ホント長い一日でした。




7月もブログ更新コンプリート♪


実はこの日記書いているのは7月31日。
今月も忙しかったはずなのに、
なぜか7月の更新はほぼ100%。

書きたいことが多かったってことかな??
なので、ここにもアップして、7月はコンプリートです♪


治療院へ引率


今日は生徒を治療院へ引率してきました。

バレエを続けていると、身体に出てくるいろいろな変化。
関節が鳴ったり、引っかかりを感じたり・・・
痛みはないけど、なんとなく感じる不快感。
それは放っておいていいものなのか、危険なものなのか・・・?

気にせず放っておいて・・・という人が多いかもしれません。
でも、場合によっては、長い期間その状態を放置すると、
足が変形(健康な骨格でないという意味)してしまったり、
慢性的な痛みの原因になってしまったりします。

バレエが大好きでずっと踊りたい人にとって
将来慢性的な痛みになる可能性のある芽は
早い内につみ取ってしまいたいもの。

そうしたこともあり、
私には判断のつかない症状のある生徒には
治療師さんを紹介し、診ていただいています。


*--*--*--*--*--*


さて、今回診ていただいたYちゃん。
嬉しいことに起きている諸々のことは、
心配するようなことではありませんでした。
どちらかというと、足の疲れが出てきていて、
回復が追いついていないような状況でした。

そうねーー。
今年が始まってからずっとリハーサルで、
この間舞台が終わったばかり。
それまでお稽古がんばってきたものね。
疲れが溜まってきていたのですね。

そんなときには
足指のマッサージが有効なのですって。
手と足を合掌させて、指を回すようにグルグル。
(すみません。説明が難しい。)
レッスン前にやるとウォーミングアップにもなります。

ずっとお稽古にステージにと励んできたYちゃん。
たまってきていた疲れをほぐしてもらって、
帰路はあくびを連発。
マッサージを受けると疲れが出てきますから、
今日はゆっくり休んでくださいね。

週末には講習会が待っています。
これでベストコンディションで受講できますね。

講習会の後はしばらく夏休み。
その間にリフレッシュしてきてください。
バレエレッスンばかりがレッスンではありません。
いろんなものを見て、聞いて、触れて・・・・
それが内面の栄養になっていきますよ。

内面の栄養は表現力につながるもの。
だから、休養もレッスンなんです。


*--*--*--*--*--*


おかげさまで私も
Yちゃんのコンディションのことがわかり一安心。

腹筋も足のエクササイズも
やるべきことはしっかりやっているとわかったことが収穫。
あとは、メンテナンス・・・。
これは個人差があって
指導者(少なくとも私)にとっては管理が難しいと感じる分野。

こうして治療師さんのサポートを受けながら、
生徒本人が自分のコンディション維持の仕方を
身につけていくしかないのでしょう。

一歩一歩取り組んでいくしかないですね。
私にできることをひとつひとつ・・・です(´▽`)









打ち上げ♪


今日はヴァリエーションレッスンの後、
打ち上げを行いました。

年明けよりずっと踊ってきた作品も
6月、7月の舞台で満了♪
その取り組みをねぎらうために。

実際のトコロ、同じ踊りを踊ることは、
そうそうに無いものです。
もちろん、プロになってそのレパートリーを
踊ることになる場合は別ですが。

まぁ、そんなこともあり、
一旦区切りをつけ、
心機一転することも目的の一つです。

デリバリーのピザとオードブル、
お菓子とドリンクをつつきながら歓談をし、
その後は本番のDVDをみんなで見ました。

そして、一人の踊りを見終わってから、
他のメンバーからいい点と
改善したら良い点をフィードバック。
いつも指導者から言われることばかりですが、
仲間から伝えられることで心に響くこともあります。

みんなからもらったフィードバックは宝物。
そのアドバイスを心に刻み、
次の作品へのチャレンジにも
応用していってもらいたいものです。



月別アーカイブ
  • ライブドアブログ