ダンスは心と体のハーモニー

埼玉県朝霞市で活動するバレエスタジオルミエール・主宰者 米田ひろみのブログです。

2006年06月

鏡を新調!!!


このところいろいろと考えて、スタジオの鏡を増強することにしました。
鏡についての考えもあり、そのうち述べたいなとは思うのですが、
今は時間に追われる身。そうもいきません。

・:*:。゜・*:*:・。゜★・:*:・。゜・:*:・☆・:*:・


その鏡、本日スタジオに到着いたしました~(^▽^)
これで、生徒たちは自分の姿をこと細かにチェックすることができるようになります。

自分が美しく見えるために、どうやったらいいのか・・・
よ~く見つめていただきたいと思います。^m^


業務用(プロ仕様)姿見:サテン・ジャンボ 1340mm×2055mm


・:*:。゜・*:*:・。゜★・:*:・。゜・:*:・☆・:*:・。


腰のことではご心配おかけしております。

日々気をつけていることは

 中腰にならない。
 動くときには腰椎ベルトをする。
 痛いと思うような姿勢、動きはしない。
 氷のうで患部を冷やす。(1日3回各20分)

おかげさまで、回復の一途をたどっております。
ここで無理をしなければ、大丈夫です。

自分に言い聞かせています。
「無理は禁物」と。


腰痛ベルト 丸型骨盤バンド最高級品質のゴムバンド(ギックリ腰・椎間板ヘルニアの予防に)
ただいまお世話になっている腰痛ベルト



発表会まであと18日!!!



腰の不具合(^_^;)


5月の終わり頃から腰に変な痛みを覚えるようになりました。
痛みの度合いはたいしたことはないのですが、
前屈すると、青あざを触られたような痛みを感じます。

そんなだから、どこかにぶつけたのかなぁ、と思ってました。
でも、6月半ばになっても、痛みはあまり変わりません。
青あざならとっくに治るはず・・・・。

忙しいので、ホントは治療に行く時間も惜しいのですが、
このまま放っておくのも気持ち悪いので、
治療院へ行ってきました。


様子を見るなり、先生は

『あ~、椎間板炎ですよ~
 ヘルニアになる一歩手前ですね。
 全治1ヶ月です。前屈しないでくださいね。
 あんまりいい状態じゃないですよ。
 無理しないでくださいね。』

あ~、ショックです。


それにしても中腰の姿勢って日常によく出てきます。
掃除、炊事、仕事でもしょっちゅうかがみ込みますし、
リノリウムシートを敷いたり、片付けたり などなど。
それらが出来ないので、不便です~~(T_T)


毎日、患部を冷やして代謝をアップです。
早く良くな~れ。

ZAMST アイスバッグ Sサイズ (IW-1,IW-2対応)
アイシングに大活躍 アイスバッグ




プログラムが届いた♪


今日の午前 自宅でくつろいでいるところ、
ピンポーンと呼び鈴がなりました。

何だろうと思ったら 宅急便。
玄関先へ受け取りにいって驚き!
段ボール箱がなんと4箱。

中身はいったい何だろう?と思ったら、差出人は印刷屋さん。

あ、プログラムだ!

そう。ついに発表会のプログラムが仕上がってきたのです。

梱包を解いて中身をチェック。
うん、素敵な仕上がり♪ 大満足♪

早速生徒のみんなに配りました。

ついに本番まで1ヶ月を切りました。
ホントの意味でラストスパートです。


シミュレーションバレエコンペティション


約半年間のリハーサルを経てきたバリエーション。
その成果を発揮するときがやってきました。
シミュレーションバレエコンペティションです。

今年は4名の生徒が出場しました。
小学5年生が1名、中学1年生が2名、中学3年生が1名です。

それぞれの出場時間枠が違います。
小学5年生は午後1時半から。中学生は午後5時半から。
そして、中学3年生は午後8時から。
(まぁ、こんな感じなので、指導者は
 朝9時から夜9時までずっと劇場に缶詰状態です。)


♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪**♪


生徒たちはそれぞれベストを尽くしました。
今回2度目の出場の生徒は前回よりもよい評価を得ることができました。
初の出場の生徒もごもっともといえるコメントをちょうだいしました。

こういう機会はいいものですね。
毎回指導者に言われることと同じことであっても
新鮮に感じることができるでしょうし、
違う視点からのアドバイスもいいものです。

健闘した生徒のみんな お疲れ様でした。
いただいたコメントを励みにし、
この経験を次へと生かしていきましょう。

今度は同じ踊りを発表会で踊ります。
私もいただいたコメントを参考にあと1ヶ月指導に励みたいと思います。


自分を見直す ~叱らないしつけ~


今日は指導者としての自分ではなく母としてのつぶやきです。

今週の末にシミュレーションバレエコンペティションが行われます。
生徒が数名出場することになっており、ラストスパートとなってきています。

ちょうど発表会前の繁忙期と重なり、
指導者、主婦、母の3足のわらじで もうキューキューな私。
発表会が終わるまではと主婦と母は後回しとなっています。

そんな状況であおりを食らう我が息子。
やはり、親がキューキューすると、子供も一緒になって
キツイ物言いや態度となって現れます。

う~~~ん イカンなぁ・・・

そんな折、愛読しているメルマガの著者の新作が目にとまりました。

「叱らない」しつけ


そのタイトルは「叱らないしつけ」
著者は親野智可等先生。

  忙しい時期とはいえ、なんか気になる。
  癒しを勉強してきた経緯からも タイトルにはとても共感できる!!

  忙しいからホントは読書してる場合じゃない!

  でも、このままでは親子関係が悪くなる!
  何が自分にとって大事なの?

と 自問自答を繰り返し、
結局 注文して一気に読みました。

頭ではわかってはいても、実際 自分の子供に対しての態度やふるまい、
特に、繁忙期の自分は子供には酷なことしていたと気づきました。


親としての自分を見直そう!
改めてそう思ったレヴェランスでした。

そして、また週末のコンペティションに新たな自分で向かおうと思ったのでした。


月別アーカイブ
  • ライブドアブログ