ダンスは心と体のハーモニー

埼玉県朝霞市で活動するバレエスタジオルミエール・主宰者 米田ひろみのブログです。

2006年01月

バレエの進路 質問 その1 『今 何歳ですか?』 PART 6 ~中学・高校時代~


バレエの進路 質問 その1 『今 何歳ですか?』 PART 5 ~中学・高校時代~ では、
留学がらみのことについてお伝えしてきました。

ここまで読んで、まるで留学しなければ
ダンサーとして成功できないかのように思いこんでしまった方がいるかもしれません。

でも、どうぞご安心ください。
決してそのようなことはありませんよ。

ただ・・・先々に拡がる可能性を考えるならば、
そして、バレエを生業にする上での技能や教養を身につけるためには
何が一番効率がいいかと考えるならば、
留学が一番てっとり早いというだけのことです。

他の方法はあるんですよ。
それは高校時代のところでお伝えしたいと思います。


さて、それでは日本でバレエを続けている場合、
中学高校にかけて避けて通れないのは、高校受験ですね。
(中学受験をした子供にはこの話題はあまり関係ないでしょう。)

高校受験・・・・。
その準備を始める場合、通塾であったり、
それまでのレッスンを減らすなどという対策をとることでしょう。

公立の中学校ですら、それまで奨励してきた部活動引退が通例で、
それからは受験一色となるわけですから。

けれど、バレエを生業にする場合、
この世の中の動きとは別の視点を持っている必要がありますね。

あくまでもバレエ指導者としての立場での意見ですが、
14~15歳のこの時期にレッスンを減らしたり、
完全に休んでしまうことは、とてももったいないことです。
そして、生業にしたいのであれば、
『絶対に休まないでください。』とお伝えしたいところです。

ちょうどこの時期 女の子は女性ホルモンが活発になり、
子供の身体から大人の身体への大きく変化します。
すると、胸が大きくなったり、腰回りが大きくなったりします。

そこで何が起きるかというと、自分自身のバランスの変化です。
ダンスはバランス感覚がとても重要な要素ですが、それが狂ってしまうんです。

レッスンを休んでしまって、その間に身体が変わってしまうと、
復帰したときに大ショックを受けるわけです。
そのショックゆえにバレエをあきらめるという話しも耳にします。
(あぁ、もったいない!!)

ターンアウトも毎日の鍛錬あって維持でき、より発展させることのできる身体の動き。
それも休んでいる間に筋肉が忘れてしまいます。
お休みの間に失ってしまうものは大きいのです。
そして、取り戻すために時間が必要になってきます。
指導者はその時間を先への発展へと使いたいのです。

そうした意味合いがあって
バレエ指導者は生徒が生業にする意志を持った場合、
レッスンを長期で休むことに対していい顔をしないワケです。

子供の頃にバレエを習い、中学でやめてしまったけれど、
大人になって再開したという生徒さんの昔話ですが、
高校受験でお休みすることを伝えると、
先生がとてもお怒りになり、結果、休むどころか、
やめることになってしまったということです。

ちょっと極端な話しのように聞こえますが、
こういうことはあちらこちらでよく起きているようです。

蛇足かもしれませんが、私の元でも似たようなことがありました。

「受験でレッスンを減らしたい」と言ってきた生徒がおりました。
その生徒は元々「バレリーナになる」と宣言していましたので、
それに基づいて指導をしておりました。

レッスンを減らすことのデメリットを伝えたのですが、
それがショックで私の元を離れてしまったのです。

ダンサーになるための進言であったのですが、
彼女にとっては耐えられないことだったのですね。

指導者としては、残念なことではありますが、
そうした出来事は指導者の熱い思いゆえに起きることであると
お知らせしておきたいと思います。


さて、高校受験については、
どんな学校選びをするとバレエに得なのか、ということを
お考えになる方がいらっしゃるかとは思います。
次回はそれについて少々。。。。。






バレエの進路 質問 その1 『今 何歳ですか?』 PART 5 ~中学・高校時代~


『今 何歳ですか?』もPART5になりました。
サブタイトルは~中学・高校時代~。
ここでは中学高校にかけて視点をあてていきます。

前回は留学について書きました。
もしも、高校卒業後に留学を考えている場合について補足しましょう。

プロセスは基本的に前回と同じですが、
準備にもう少し時間をかけることができますね。
サマースクールに参加する回数も若干増やせます。

あと、もう一つ視野に入れてみたいことは、ローザンヌ国際コンクールです。
(詳細は直接リンクをたどってご自身でご覧下さい。)

若い才能を最大限に伸ばしたい、という考えのもと設立されたコンクールで、
バレエダンサーを志す若者の登竜門といえるものです。

参加資格年齢は女性なら15歳から17歳、男性なら18歳まで。
ちょうど日本でいうと高校生の時期となります。
(15歳なら中3の場合もありますね)

とても才能がある場合、(←ここを強調)
このコンクールに参加し、スカラシップをとることで、
海外の有名バレエ学校に留学することができます。
もちろん簡単なことではありません。書くは易し、実現は難しです。

それは生徒にとってだけでなく、指導者にとっても同じ事。
指導者がそうした生徒を輩出することは、夢のひとつといえるでしょう。
もちろん、私もそうです。(^^)

もしも、ローザンヌ国際コンクールでスカラシップを得たとしましょう。
そうすると、高校を休学して留学することになります。
そうした選択に対して、高校が協力的かどうかということも考慮すべきこととなるでしょう。

生徒の選択次第では、高校を中退することを選ぶことにもなるでしょう。
これは中学卒業後の留学でも触れましたが、学歴を考えると、どっちがいいか…です。
でも、それは自分で決めて下さいね。(^^)



さて、PART6ではもう少し中学高校時代について書いていきましょう。




バレエの進路 質問 その1 『今 何歳ですか?』 PART 4 ~中学時代3~


中学時代にもう一つ目を向けておきたいこと…。
それは留学です。

あくまでもバレエを生業にすることを照準を当てていること、
そして、現在の日本のバレエ界では踊ることで食べていけないという
現状からこういうお話をしています。

もしかしたら、これから何十年もしたら、状況が変わっているかもしれません。
でも、今、中学時代を送るダンサーの卵ちゃんにはそぐわない話しです。
「私は日本のバレエ界が職業として成り立つことに取り組みます!」と
その年代で考える人はいるでしょうか?
多くの若者は踊ることが楽しくて、それを生業にしたいと思っています。

だとしたら、
「ダンサーとして食べていけるための準備として 今、何をしたらいいのか?」
というところに視点を定めた方がいいと思います。
それで、留学という選択肢が出てくるのです。


さて、留学する意志を持ちました。
そして、親御さんも協力する意志があります。

では、いつ行きましょうか?
中学卒業後? 高校卒業後? 20歳を過ぎてから?

ここが一般論ではくくりきれないところです。
トラブルが全く起きないということを仮定すれば、
中学卒業後が一番いいとは思います。

高校を卒業してからという選択肢もあるにはありますが、
年齢が増えれば増えるほど、
悲しいかな、頭も身体も吸収力は落ちるように思います。

この時期は肉体的にも技術にどんどんチャレンジするピークに入っています。
そうした意味合いで、中学卒業後に海外に行くことが一押しになってきます。

また、学ぶ環境という観点からも見てみます。

今の日本の学校に通いながらバレエを学ぶということは、
やはり一般的には学業に優先順位を持つことになるでしょう。
バレエを生業にしたいのであれば、バレエを優先にするくらいの意志は必要です。
それくらいでやっと環境のもたらす影響とバランスがとれるように思います。

環境のもたらす影響は思ったより大きいものなんですよ。
意志はあっても、周囲に流されてしまうことは否定できませんね。
ここは親御さんの考え次第のところではありますが、
おおむね大人はお子さんが達成できるか否かは別として、
学業とバレエの両立をお子さんに求めることになるでしょう。
それは時として、バレエダンサー志望の子供にとっての足枷となってきます。
(くれぐれも言っておきますが、学業をそっちのけにしろという話しではありませんよ!)

このあたりの話しは
質問その3『おうちの人はあなたの夢に対して協力的ですか?』と
重なってきますので、先送りにさせていただきますね。(^^)

さて、話しを元に戻しましょう。

中学卒業で留学することのメリットは、
あらゆることを吸収できる年齢で海外に行くので、
文化や言語の違いに対応できつつ、バレエに集中できるので、
将来の大きな違いにつながる可能性が大きいことといえるでしょう。


一方、想定できるデメリットにも目を向けてみましょう。
中学卒業後・・・思春期のまっただ中。
この年代はまだまだ不安定な時期。

親御さんと離れて生活できるでしょうか?
文化のギャップを乗り切れますか?
言語の違いを乗り越え、コミュニケーションを現地の人々ととれますか?
もしかしたら、いじめに出会うかもしれません。
(実際、このような話しを耳にしております。)

期待に胸をふくらませて留学したとしても、
それが見事に裏目に出ることがあるのです。

また、その時点での留学は、履歴書では「中卒」になるんですよ。
(もちろん、あとで大検をとることもできるので、一概にはくくれません)
もしも、この留学という試みが期待に添えず、
バレエをあきらめることになった場合は、大きなデメリットにもなるのです。
そのことにも目を向けてください。それでもいいですか??

それらの覚悟があった上で、それでもやりたい意志があるのなら、GO!です。
ぜひ、頑張ってください!!


さぁ、次の準備をしましょう。

中学卒業後の留学を決めました。

では、どんな学校に行きたいですか? どの国?
学校によって方針も指導内容も違います。
自分に合ったところ、自分の希望に沿った学校を探しましょう。

そして、その学校の留学希望者への条件をしっかりとチェックしておきましょう。
それがクリアできないのに、その学校へ行きたいなんて無茶もいいところです。

行きたい学校が決まったら、その学校の下見をしましょう。
サマースクールに参加するも良し。行きたい学校に直接見学に行くも良し。
行ってみたら、思っていたのと違っていることもありますよ。
そしたら、再検討と見学に後戻りです。

このあたりの情報については、
本当に留学した人、またはその親御さんにお話を聞いた方がいいと思います。
やはりリアルタイムで経験していらっしゃるので、最新情報を伺うことができます。

ここでご紹介したいのが、
同じく楽天日記でご自身のお嬢さんが留学を経験しているyoshunさんのサイトです。
リアルタイムの情報を紹介してくださっていますので、
留学に興味をお持ちの方にはきっとご参考になることと思います。
(yoshunさん、紹介に快諾してくださってありがとうございました。)


留学の準備については、年齢云々という話しではなくなりました。
中学卒業後だろうと、高校卒業だろうと、準備することは同じです。
ここでは年齢に視点をおいて話しを展開しています。
なので、留学がらみのお話はここでおしまいです。(^^)

次は、中学から高校にかけての時期に視点を向けていきましょう。




バレエの進路 質問 その1 『今 何歳ですか?』 PART 3 〜中学時代3〜


それではPART 3の始まりです。
PART 2では中学生の途中までいきましたね。

中学時代にプロ志望の意志が固まっている場合、
(↑何度もしつこいくらいに書きます。)
今 通っている教室はどんな教室なのかを目を向けてください。

大きなバレエ団付属の学校でしょうか?
個人のスタジオでしょうか?

教室の方針はプロを育てる方針でしょうか?
それとも、楽しめればいいと考える習い事の一環?

地方にいますか?
首都圏や地方都市にいますか?

それらのことによって選択肢は大きく変わりますので、
ひとくくりにはできませんね。
かなりいろんな方向に拡がり伸びていってしまいますね。
ちょっとまとめにくいなぁ・・・。

う~ん・・・どうしたらいいかしら?

あ、ひらめきました!! では、こうします!!!

この項目は保留にし、
質問すべてについて書き終えた時点で
事例を読者の方からご協力いただき、それについて回答していくことにします。

後日、ご協力下さる方を募集しますので、
興味のある方はどうぞ宜しくお願いします。



それにしても、こうして改めて文章にしてみると、
中学時代って本当に大事な時期だと感じます。

この質問その1『今 何歳ですか?』の中学生の項目が
こんなに膨れあがるとは考えてもみませんでした。

読んでくださる皆様には恐縮なのですが、
実際、これは日記なので、事前に準備をして書いているわけでは無いんです。
自分の中にあるものをアウトプットしているだけなので…。

パソコンに向かってキーボードを打ち出すと、
自分でも思ってもいない方向の話しになっていくこともあり、
自分で自分に驚くこともしばしばあるんです。
なんか不思議ですね~~

さて、閑話休題です。

それでは、PART 4 に続きます。(^^)/





新年会♪


今日の午後はスタジオの新年会でした。
「時期も時期だし、まぁ10人くらい集まるかなぁ~?」などと
気弱ないや、気楽な企画の会でした。

それがなんと出席者23名!
なかなか楽しい会になりました。

レクリエーションゲームは息子がネットで調べ、
タイムスケジュールなども彼が創り出してくれました。
マネジメントの能力があったのですね~
我が子ながら驚きでした。@@!

まぁ、気楽かつ楽しみつつ準備をし、
新年会当日はまたまた息子と二人で
注文しておいた食べ物を受け取りに町中をうろうろと。
それもなかなか楽しかったです。

もちろん、新年会自体も参加者の皆さんの笑顔満載♪
とっっても楽しい会になり、
今年の発表会に向けて気持ちがまとまったことでしょう!


ライフチェンジ 〜スリーインワン受講備忘録〜


昨日(1月8日)はツイてるファシリテーターさんの主宰するフリースタイルにて
「ライフチェンジ」というタイトルのワンデイセミナーを受講してきました。

毎年この時期にこうしたセミナーに参加し、
自分の方向性を見直すようにしています。

今年の私の課題は

 チャレンジ、人との出会い、海外旅行

なのだそうです。

これは沢山あるリストの中から筋反射テストを行って3つ選んだのです。
初めは「ほ?」って感じなのですが、それについて話しをしていると、
「なるほどなぁ~」と思う節がありましたよ。

そして、それに対して感じている
ネガティブな感覚とポジティブな感覚も筋反射でチェックし、
F/Oフォールディングというテクニックを使っていい状態へと導きます。

  この話しを読んだだけでは「何これ?」ですよね。
   詳しいことを知りたい方はツイてるファシリテーターさんの日記をご参照くださいね。


そして、自分自身がストレスで身動きが取れないときに
使ったらいいイメージを見つけてきました。

それはね・・・・
「ドアを打ち破り、前に飛び出す」ものでした。
とっても爽快でダイナミックで、気に入りました。

やはり人生思った通りにいくことばかりではありません。
ここには書かなくとも、小さなゴタゴタは私の日常にはつきものです。

でも、そうした窮地に陥ったときにも
このイメージはそれを打ち破ってくれそうです。^m^
今年の私がもっとうまくいくように心機一転し、前進していきます。

セミナーでご一緒した皆様、
そしてフリースタイルのまぁちゃん、けいちゃんに心から感謝申し上げます。






バレエの進路 ショートブレイク


このシリーズで書き出してから、
直接ご意見をちょうだいしたり、私信メールをいただいたりしています。
その反応は視点の違いがあって、とても興味深いことだと思いました。


まずは、
ツイてるファシリテーターさんからいただいたコメント
「超一流をめざすには最小限のことだね」

私は正直言うと、最大限のつもりで書いていたのですが、
それはツイてるファシリテーターさんの視点では最小限のことだったのですね。


また、Sさま(教育関係に携わる方)からは、
心温まるご意見をちょうだいいたしました。
Sさまにこの場を借りて感謝申し上げます。

それは私が「学校の英語教育は現地では役に立たない」ということを
前回の日記に掲載したのですが、
それについて私自身が自分の視点に気づきをもたらす提言だったのです。

私が役に立たないと思ったのは、自分が習った英語であって、もう20年以上も前の話し。
確かに当時の英語は「現地で使えない」ものだったと思います。
しかし、今の英語教育は使えるものへと変わってきているということでした。
変化しているのですね。

となると、もう私の手に負えることではありません。
その現状を知る人に伺うべき事だと思いました。


また、同じくSさまは今回のシリーズが
バレエを知らない親御さん達にとっての指針となるものであることをとても喜んでくださいました。
(Sさまのお嬢さんは現在海外留学中です)
なおかつ、「これを実行しなければ成功しないということは無い」こともお伝え下さっています。
それは私も同感なんです。^^

成功するための道は100人いれば、100通り。
この通りでなければ成功しないなんて考えはあまりにも短絡的です。

だから、ここで掲載されることを参考に、
それぞれの方がそれぞれのスタイルに合わせてアレンジし、
自分自身のオリジナルの道を見いだしてもらいたいと願っています。




バレエの進路 質問 その1 『今 何歳ですか?』 PART2 〜中学時代1〜


さて、前回からの続きです。

さぁ、中学生になりました。
ここでは将来プロを目指すことを前提にお話をしています。

レッスンはほぼ毎日。
もちろん休息は必要なので、1日は休息日にあてるとして、
週5~6回のレッスンは当たり前ですね。

ここでチェックが必要なことは、学校の部活です。
学校側から何らかの部活動に所属を要求されるかもしれませんが、
できることなら、バレエに絞っていった方がいいと思います。

なぜなら、私の生徒を見ていて思うのですが、
部活でエネルギーを使ってから レッスンに来る子は
もうかなり疲れた状態になっています。集中力もとぎれとぎれ。
レッスンの効果が半減しています。
バレエ指導者としては、その状況は憂うべきものです。
そういう理由から、バレエを生業にしたい場合、
部活はよ~く考えて選ぶことを薦めます。
(どんなところがいいか、はまたの機会に!)

さて、またまた違う項目です。

中学生…この時期に自分自身の将来設計がクリアになっている場合、
それにまっしぐらな進路を選択できますね。

ここで質問その4『どんなカンパニーで踊りたいですか?』とかぶるのですが、
もしも、海外のカンパニーを志望しているのなら、
そのカンパニーの母国語会話を習いに行くことを薦めます。

例えば、英会話。(一番ポピュラーですね。)

実は、私は6歳の頃、たった半年ですが、
父の仕事の関係でハワイに滞在し、現地の小学校に通いました。
そこで英語を聞き取ることを無意識に身につけたようです。
帰国後は全く英語とは無縁の生活を送りましたが、
中学以降の英語の発音とヒアリングだけは得意でした。(笑
英語が得意ということがあったので、短大は英会話中心の学科を選びました。

そこで2年間毎日英会話漬けの生活を送りましたが、
それだけやったにもかかわらず、せいぜい外国人が指導する講習会で
指導者の言っていることがわかる程度の英語力です。
自分の考えを話すレベルには至っていません。(汗)

そうしたことからも、海外で活動することを目標にしている場合は、
遅くとも中学頃から英会話(もしくは行きたい国の母国語)を習うことをオススメします。
学校で習う英語はハッキリ言ってしまうと、海外での生活には役には立ちません。

せめて、話すことは難しくても、外国語を聞き取る耳を作っていきましょう。
もちろん、それでも現地で苦労はするでしょうけど、必要に迫られたときの人間は強いです。
そういうときにこそ、本当の意味で身に付きます。
案ずるより産むが易しです。(^^)


さて、この続きはまた次回~~(^^)/


バレエの進路・・・大きな反響をありがとう♪


久しぶりの更新にかなりの反響をいただいております。
どうもありがとうございます。

正直言いますと、指導者の立場としては、
オープンにしづらい分野の話しをしております。
けっこう勇気が必要なのですよ。(笑)

こうしたことをオープンにすることは、
本気で「夢を実現させる」意志のある人には有益である、と
私は考えているので、こうして公開しているのですが、
「夢を見ていたい」だけの人にとっては、
逆にショックを受けるようなことかもしれないとも思っています。

様々な情報は読んでいる方の考え方や状況によって
受け止め方が変わります。
それは私には見えませんので、計り知れないことです。

ですので、

ここで掲載していることは、考え方の一つであること、
私の伝えることは読み手の方々に対しての提案に過ぎないこと。
そして、そこからどう考え、どういう選択をするか、
それは読み手の方の責任だと思っています。


バレエの進路 質問 その1 『今 何歳ですか?』 PART 1 ~小学時代~


昨日の質問への回答は準備できましたか?
それでは【質問 その1】について紐解いていきましょう。

『今 何歳ですか?』

一般的な職業であれば、高校、大学に進学し、
それから選択しても間に合いますね。
けれど、バレエの場合は肉体をダンス仕様に訓練しなければなりません。
しかも、それは7~8歳あたりから開始し、
10代の終盤にはほぼ完成していることが望まれます。

そうしたことから、バレエダンサーを職業にしたい人には
それに合わせた人生設計が必要になってきます。

まず、7~8歳あたりでバレエを始めたとしましょう。
今なら、どんな選択肢もありです。
早期留学、つまり10歳あたりで海外留学を試みることも可能です。
海外のバレエ学校に現地の子供達と同様に入学試験を受けるのです。
(もちろんオーディションを受けることになるので、
 適正が無いと判断されれば、落ちることにはなります。)

指導者間の井戸端会議での話しがソースなので、いささか恐縮ですが、
実際に、10歳あたりで海外留学を選択する子はいます。
このような場合、親御さんが海外赴任されたことがキッカケだったり、
お母様が一発奮起し、お子さんの留学先についていってしまう、
そんなケースがあるにはあります。稀な話しではありますけれど。

さて、日本でバレエを続けた場合、10歳前後になりますと、
本当にバレエを生業にするのかどうなのか?ということを
考えざるを得ない状況がやってきます。それは、中学受験です。

一方、「バレエダンサーになる!」そう決めた場合、稽古量が必要です。
週に4~6回は当たり前です。
でも、受験する場合、たいがい塾に通うことにもなりますよね。
選択を迫られるわけです。そこで初めて気づきます。「自分は何を選びたいの?」と。

両方を選ぶ人にとっては、
ここで起きてしまう稽古時刻と塾の時刻のバッティング。
それを乗り越えることが一つのヤマになるのではないでしょうか?

もしも、中学受験が無いとしたら・・・
それでも、増えるバレエの稽古量(週に何回かという意味)に
本人が肉体的精神的についていけるか、
おうちの方がそのサポートをすることができるか、が
分岐点になることは間違いないでしょう。

さてさて、次は中学生ですね。





え~、ここから先ですが、
ちょっとボリュームが出てきたので、続きを次回へ持ち越します。
なにしろ、ケースバイケースの話しを一般論に切り替えているので、
話しがややこしくなりがちです。
ちょっと、難しいことに手を出したなと冷や汗かいています。

あ、そうそう、一つだけ注意事項です。(^^)
これは私が見聞きしたことに自分の経験や考えを合わせて
書いていることではありますので、それはお含み置きくださいませ。

もちろん異なるご意見をお持ちの方もいらっしゃることと思います。
そんな方はコメントを残していってくださると嬉しいです。(^^)v

ではまた~~♪

月別アーカイブ
  • ライブドアブログ