ダンスは心と体のハーモニー

埼玉県朝霞市で活動するバレエスタジオルミエール・主宰者 米田ひろみのブログです。

2005年02月

Q&A 怪我をしてしまったので心配!!


今回ご相談くださったのはレオさん。
小学3年生のお嬢さんが学校で怪我をしてしまい、
バレエとの兼ね合いをご心配なさってのご相談です。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

>はじめまして、娘の怪我(足の打撲)の件でお尋ねしたいのですが、
>1月14日学校の掃除の時間に机の上に置いたイスが、左足先を直撃いたしました。
>整形外科で、レントゲンを撮りましたが、
>骨には異常な安静とシップと理学療法と
>1週間後痛みがあるようならレザー治療をしましょうと、
>21日再度来院し、レザー治療をいたしました。
>打撲の場所は、第1中足骨と第2中足骨の間の中様筋か骨間筋を
>スチールのイスが落ちてき、紫色に腫れておりましたが、
>現在は手で押すとまだ痛みがあるようです。

>トーシューズのお許しが3月からと先生に言われており、
>レッスンを3回ほでお休みし、
>昨日から、打撲した足を軸あしにせず、バーレッスンをするように・・・と

>骨間筋と中様筋は、バレエではとても大切な筋肉と、
>ダンステクニックとケガの本に記載されており心配です。
>娘は、小学3年生、バレエは3歳からレッスンをしており、
>現在は週3回の90分レッスンをしております。
>14日からの学校の体育の授業は、縄跳びでしたので、お休みさせております。

>普通に歩くには痛みはありませんが、とても心配です。
>アドバイスをいただければと・・・
>申し訳ごさいませんが、よろしくお願いいたします。

 ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

お嬢さんが学校で怪我をされ、しかもバレエでは大事な足の甲の上ということですね。
それはご心配なことでしょう。(><)

状況について、とてもくわしくご説明をいただき、ありがとうございました。
私もお手伝いしたい気持ちがあるのですが、
残念なことに、ここまでの話となりますと、
バレエ教師の私がどうこう言える段階ではなくなってきています。

お役に立てず大変申し訳ありませんが、この先は治療師さんの出番となります。

レオさんさえ、ご希望があれば、バレエに詳しい治療師さんを
ご紹介いたしますので、改めましてご連絡をいただければ幸いです。

また、ポアントについての私の見解はこちらに掲載してございますので、
ご参考にしていただければ、と思います。

せっかくご質問いただいたのにお答えすることができず、
恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

それでは、またのご連絡をお待ちいたしております。




今回のQ&Aはほとんどお力になれず、申し訳なかったです。
なにしろ、怪我の診断については、バレエ指導者がどうこう言っていい問題でなくなるのです。
お力になりたい気持ちはありますが、
私にできることは治療師さんをご紹介することしかできないんです。
(このあとレオさんには、治療師さんをご紹介させていただきました。)

上の回答だけでは、ちょっと寂しいものがあるので、少々補記しておきますね。

怪我をした場合には、やはりお休みが一番です。
(お休みとは患部を動かさないという意味です。バレエを欠席するという意味ではない。)
そして、治療師さんの適切な診断を仰ぎ、その結果をバレエ指導者へお伝えしてください。
そうすれば、指導者からもどういう対処をしていけばよいのかがわかります。
(レオさんのところの先生も「痛い足を軸足にしない」という対処をなさっておられますね。)

もしも、私の生徒がレオさんのお子さんのような怪我をした場合には、こう対処します。

 ■クラスの見学
 ■見学の間、ストレッチをやってもらう。
 ■痛い足に負担をかけないエクササイズをチョイスして、やってもらう。
  (足じゃんけんとか、ピアニストなど)

これくらいでしょうか・・・・。

最近は怪我をしてしまうと、あっさりお休みされる生徒さんが多いのですが、
私からは見学をオススメします。
「踊りたい」気持ちでレッスンに通っているので、ちょっぴりつまらないかもしれませんが、
見学することから得られるものは案外あるものですよ。

体を使って覚えることも大事ですが、たまには違う視点から学ぶとお考えになるといいと思います。
ただ、小さなお子さん(小学校低学年)だと、見学は苦痛かもしれません。
その子、その子の部分が大きいと思います。
そうしたことからは、ケースバイケースの対応となるでしょう。

レオさん、これからもお嬢さんのサポートをがんばってくださいね。
これからも応援しておりますよ!!

モニターレッスン その2 NKちゃん

モニターレッスン その2 N.K.ちゃん

N.K.ちゃん 中学1年生 バレエ歴10年(開始年齢3歳)

今回、立ち方モニターレッスンにご協力くださったのはNKちゃんです。
将来バレリーナを目指す中学1年生の女の子です。

まずはニュートラルポジションに立っていただきました。

NK2  横から見た図1

NK3 横から見た図2

この写真をみてわかることは以下の通りです。

 ■体全体の重心が踵寄りになっています。
 ■正しいアライメントとは、耳、肩、骨盤が縦の一直線になることですが、
  NKちゃんの場合、骨盤の位置に対して肩の位置が後ろになっています。
  また、それと連動し、耳の位置も後ろになっています。
 ■膝の関節が柔らかく、真っ直ぐ以上に伸びています。
  膝を真っ直ぐな位置へコントロールして立たないと、膝を痛めたり、
  必要以上に筋肉がついてしまいます。

NK1 後ろ姿

NK4 後ろ姿(腰より下)

後ろ姿からわかることは、以下の通りです。

 ■両脚ともに、体重がふくらはぎの外側にかかっている。
 ■  〃   膝を後方へ押し込んでしまい、膝関節をいい位置で使えていない。
  特に左脚が顕著である。
 ■どちらかというと左脚によりかかって立っている。(左が軸足の利き足と思われる)


N.K.さん NKちゃん 指導内容の記録


上記指導内容の通り、立ち方のアライメントを指導しました。

レッスン後のNKちゃんの感想をご紹介します。

「前の立ち方よりとても軽い感じがして、とても自分でもいいなと思いました。
 これからもこういう立ち方を続けていければいいと思います。」


軽い感じをつかめたということは朗報です。
いい立ち方は体を軽く使うことができる利点があるのです。
NKちゃんにとっていい結果が出たことを嬉しく思います。

NKちゃん、モニターレッスンへのご協力をありがとうございました。
これからも素敵なバレリーナ目指して頑張ってくださいね!!

☆.。.:*・°☆.。.:*・°

モニターレッスンの募集はまだ受け付けております。
こんな感じでレッスンを行いますので、ご興味有る方のご連絡をお待ちしております。

詳しくはこちらをクリック♪



モニターレッスン その1 RFちゃん


ただいま募集中の立ち方レッスンのモニターにRFちゃんのご協力をいただきました。
レッスンの様子を以下にご紹介いたします。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°

R・Fちゃん 小学3年生

まだ小学3年生なので、この年齢ですと、あれこれ細かなことを指導するよりも、
クラスの中で音楽のリズムやメロディに合わせて動く方がいい効果がでるものです。
今回はこの年齢に個人アドバイスが効果があるかどうかを試す機会となりました。
ご協力くださったRFちゃんありがとうございます。

☆Rちゃんの立ち方チェック☆

まずは、Rちゃんにニュートラルなポジションに立ってもらいました。

RF1 指導前のニュートラルポジション

ニュートラルポジションでは少し足の間を空けます。
その幅は股関節の幅程度です。
この写真のRちゃんのとった幅はちょっと広かったです。

左足の薬指、小指が床から浮いています。
この状態のまま、ターンアウトしていくと、
左足のアライメントが土踏まず寄りに偏った状態となります。
それを放置したまま稽古を重ねてしまうと、外反母趾や膝の内側に痛みを生じる可能性があります。
もちろん、可能性なので、必ずそうなってしまうという意味ではありません。
そのことを知り、正しい位置で体を使うことを留意することで、
慢性的な怪我を起こす可能性が低くなります。
(但し、初対面なので、緊張からくるものとも考えられます。)

RF3 立ち姿を横から見た写真
RF4 後ろ姿

姿勢は年齢からいくと、特に問題ありません。

1番ポジションのチェックも行いました。(画像無し)
土踏まずがつぶれてしまっています。(こうした状態をロールインといいます。)
両方の足がロールインしているけれど、特に左足が顕著でした。

少々首、肩あたりに必要以上のテンションがかかっていますが、背が伸び、腹筋が強くなり、
ボディが安定してくれば、それもなくなると思われます。
(写真のニュートラルポジションのときはそんなに緊張していない)

RF2  指導後

立ち方のバランスを指導することで足の裏の安定はよくなりました。
左足が安定して床についています。


R.F.ちゃん
Rちゃんに渡した指導内容記録


【モニターレッスン後記】

まだ小さいので個人レッスンは効果が出るかな…と少々危惧がありましたが、
指導後の立ち方は少々良くなり、安心しました。

現状は特にこれといって放っておくと危険なアライメントではないので、
このままレッスンを続けていけば大丈夫です。

バレエのポジション(1番)を正しいアライメントで保つために必要な
足の裏の筋肉はまだまだ弱いので、足ジャンケンピアニストなどをやってみてくださいね。
これからもお稽古をがんばって素敵なダンサーを目指してください。

☆.。.:*・°☆.。.:*・°

モニターレッスンの募集はまだ受け付けております。
こんな感じでレッスンを行いますので、ご興味有る方のご連絡をお待ちしております。

詳しくはこちらをクリック♪


祝・楽天日記開設1周年♪


何気なく日記の開設日を見てみたら、なんと、明日が1周年なんです^^
ついに1年になりましたか~~と自分の根気強さに驚いています。

始めた当初は自分の考えを文章化してまとめるということ。
自分で自分にエールを送るということ。
(書くことで、自分の行きたい方向が定まることがあるので)
そうしたことが目的の楽天日記でした。

でも、最近ではこういうことが目的に加わりました。

 ■ダンスを一生懸命やっていきたい人を応援すること。
 ■そういうお子さんをお持ちの親御さんのサポートをすること。

最近では、バレエっ子の親御さんからの励ましのメールや
優良な情報などをいただけるようになってきております。
この場をお借りして深く感謝申し上げます。

この日記が続けられるように精進していきたいと思いますので、
これからもご声援をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

「危険な関係」鑑賞記


雪のふる寒い一日でした。
東京は青山にある青山劇場へと行って参りました。
「危険な関係」を観るために。

いっしょに行ってくれたのは、大人のクラスの生徒さん。
大人のお話だから、子供を連れて行くわけにもいきません。
かといって、ひとりで行くのもつまらないので‥。

実は生のアダム・クーパーを見るのは初めてでして、
一体どんな表現をするのだろうかと興味しんしんでした。

鑑賞後の感想♪

これはもうバレエという枠から完全に離れています。
「舞踊劇」とでもいうのでしょうか。
バレエのテクニックをベースに持つアクターの集団によるパフォーマンスです。

話の内容はホントに大人の話(つまり18禁)で、
最近ではヨンさまが演じて話題になった「スキャンダル」の原作でもあります。

退廃した貴族社会を描いており、
その中で純愛に目覚めるアダム・クーパー演ずる主人公の変貌ぶりがなかなかのものでした。

演出でいいなぁと思うところは、
クラシックバレエの場合、見せ場があると主役だけが中心となるものですが、
この作品の場合、舞台上のあらゆるところに見せ場が盛り込まれているシーンがあり、
上手(かみて)側のドラマを見ていたら、
下手(しもて)でもドラマが繰り広げられているというシーンが多く、
どっちも観たいと思わせられました。

観終わって、お腹にドーンとくる感覚がありました。
胸に迫る・・・というよりも、人のおろかさや醜さをえぐるような表現が多いので、
お腹にくるのかなぁ・・・と思いました。

昨日で関東地方での公演はおしまい。
このあとは地方巡業となっています。
地方の皆様、ぜひお出かけください。

私は、もう一度見たい作品です。^^



●スキャンダル(2枚組)<通常仕様版>DVD(2004/9/24) こちらはヨンさま主演の「スキャンダル」

危険な関係 (1959年製作版) ◆20%OFF!<DVD> [IVCF-2093] こちらは映画「危険な関係」

受験情報 FOR バレエっ子


お受験とバレエのことについて、いただいたコメント以外にメールをいただいております。
その内容はバレエ馬鹿といっても過言ではない私にとっては
知らないことばかりで目を見張るほどの情報でした。
情報をお寄せくださった皆様、ありがとうございました。

私が埼玉在住とご存知のためか、いただいた情報は首都圏近辺のものが中心です。
それらの情報は首都圏近辺の方にとっては嬉しいものだとしみじみ思います。
ですので、日記に引用掲載させていただけるよう、メールを下さった方に対して、
許可をお願いしたりしておりますが、とてもプライベートなことだということや、
昨今のネット事情を考えますと、あまり気安く掲載することははばかられるものがあります。

ですので、お試しとして、パスワードで管理された掲示板を設定してみました。
よろしければ、そちらへ投稿をお寄せいただけると嬉しいです。

参加希望の方はこちらへどうぞ♪

ダンスのメンタルトレーニング


私はこれまで心理的なものの勉強もしてきているのですが、
それは自分の人生を前に進ませる上でとても役に立ちました。

自分のことってわかっているようでわかっていないものなんですね。
心理テストなんかを受けると「へぇ~~、そうなんだ!!」と
トリビアのヘェボタンをバンバン叩くくらいに、驚くことに出会います。

自分のことがわかればわかるほど、かのソクラテスも言うように「無知の知」、
つまり「知れば知るほど、自分の無知を知る」ものだと、私自身は思います。
自分を活かすうえで、なによりも大切なことは「自分自身を知ることだ」と、
今では確信を持って思っています。

私がそうした心理的なものに取り組み始めたのは20代の終わりでした。
もう引退間際です。(私は息子の出産とほぼ同時に引退しました。)
そんな時期に出会ったわけなので、自分の現役に活かすことは間に合いませんでした。
心理的なアプローチ・・・もしも、これにもっと早く出会っていれば、
自分のウイークポイントを克服できただろうと思います。

最近、1冊の本に出会いました。
「ダンスのメンタルトレーニング」という書籍です。
その書籍はダンサーを目指す若者のメンタルサポートをするための方法を説いてあります。

実は今、その本の方法を試してみています。
昨日、その本に出ている心理テスト(実習)を
中学1年生の女の子と小学5年の男の子(息子)にやってもらいました。
(お遊び感覚でやりました^^)
テストで使う言葉が難しかったこともあり、小5の息子は途中でギブアップ。(笑)
中学生の女の子はもともと大人びた子であったことが有利に働き、
その実習をうまく最後まで無事やり通すことができました。

******************

実習のことをここで細かくご案内できないのですが、
興味有る方は是非コチラをお求めになり、実習を試してみてくださいね。
ダンスのメンタルトレーニングダンスのメンタルトレーニング


******************

この実習をやり終えて、検討していくと、
彼女自身が自分のことをどうとらえているのかということがわかりました。
それは私にとっては、意外なこともありましたので、
彼女にそのことについてインタビューしてみたのです。
プライベートなことなので、ここでは内容を掲載することは差し控えますが、
彼女の捉え方を私が知ることで、彼女にとってさらに有益な指導をすることが可能になります。

バレエを真剣に取り組む若者にはとても役立つツールとなることは間違いありませんし、
今、スランプで悩んでいる人には朗報ともいえるでしょうね。

この実習の成果がうまく出るように活かしていきたいものです。



今回も掲載予告とはかけ離れた内容です。><
楽しみになさっている方、ご免なさい~~!!


やられた><


昨日から首の筋肉がはれぼったい感じがしていたのですが、
今日はもっとそれが強くなり・・・・鼻とのどがなんか変です。
どうも風邪ひいちゃったようです。

私、めったに風邪ひかないんですが、今回はめずらしく・・・。
のんびり過ごすことが一番の薬ね。

最近、インフルエンザによる学級閉鎖の声も聞こえます。
皆様、くれぐれもお体ご自愛なさいませ。

今後の掲載予告☆


え~、このところ、日記に書きたいことが山積みでして、
ちょっと何から手をつけていいやら、うれしい悲鳴をあげております。

自分でもわからなくなってきたので、ここにあげておきます。

 ■お受験とバレエの続き
  コメントありがとうございます!中断して申し訳ない!

 ■モニターレッスンのレポート その1
  ついにやりました!小3のお嬢さんでした!

 ■    〃            その2
  中1のお嬢さんです。

 ■Q&A その11 【足を怪我してしまいました~!】
  1月中のもの。掲載のタイミングとれず保留状態~><



あ、そうそう、モニターレッスンの募集はまだ受け付けております。

レヴェランスの実験台(?)になってみたい・・とお思いの皆様、^m^
レヴェランスに会ってみたいとお思いの皆様、
(↑こんな動機でもかまいませんことよ^^)
ぜひご連絡をお待ちしております。

詳しくはこちらをクリック♪

ありがとうグレースこびちさん!!!


な、なんと、楽天つながりのグレースこびちさまよりすばらしいイラストをいただきました!!!

HPへお伺いした際に半分冗談で「バレエイラストを!」とお願いしたところ、二つ返事で快くOK♪
その翌日には素晴らしいイラストを掲載してくださいました!!!
この場を借りて深く感謝もうしあげます。

イラストはこちらへお越しくださいませ!!




受験の話ですっごく盛り上がったところで全く違うほうに流れて失礼!!
でも、ちょっと頭を冷やして、いただいたありがたいコメントの数々を参考にしたいと思います。

この場で公開するのは難しいとは思うのですが、私立受験でバレエ両立に成功した方や
公立に進んでうまく行った方、それぞれのお住まいの地域や学校がわかると
このHPをご覧になる方に参考として活用いただけるかも・・と思いました。


月別アーカイブ
  • ライブドアブログ